Intel Jasper Lake CPUはGen11グラフィックス搭載

(Source:wccftech)

Intelは組み込みソリューション向けに設計されたローエンドセグメントになる、コードネームJasper Lakeの次世代CPUでアップデートする準備をしています。人気のあるハードウェアファインダーとリーカーのおかげで、_rogameはIntelがローエンドに多くの素晴らしい機能を提供しようとしていることを示すベンチマークを発見しました。

Intel Jasper Lake CPUはGen11グラフィックス搭載

Jasper Lakeの次世代CPUのベンチマークがリークされました。ベンチマークの結果は、1.1 GHzベースクロックと1.1 GHzベースクロックで動作する4コア4スレッドCPUを示しています。これらのクロックは低いですが、これはサンプルに過ぎず、実際の周波数は3 GHz近くかそれ以上にに高くなります。CPUは、32 GBのDDR4 SODIMMメモリを搭載した構成で発見されました。

Jasper LakeはGemini Lakeの後継となる予定で、IntelのTremont CPUアーキテクチャを使用します低電力シナリオ用に設計されています。Intelの10 nm製造ノードで設計されたこのCPUは、x86プロセッサをさまざまな組み込みシステムにもたらすはずです。ベンチマークでは、CPUがペアリングされるグラフィックスについて言及していませんが、_rogameはIntelがGen11グラフィックスIPを使用すると推測しています。これにより、Gemini LakeのGen9.5グラフィックに素晴らしいアップデートがもたらされます。それだけでも、ディスプレイ出力オプションが改善され、速度が向上します。これらのCPUは、以前のGemini Lakeと同様に、Atom / Pentium / Celeronのラインナップ向けに設計されています。