AMD RenoirデスクトップAPU 12種類でTDP65Wと35W

(Source:wccftech)

Igor’s Labでの伝説的なIgor Wallosekがまたやってくれました。数日前に認証されていないユーザーベンチのリークに高揚しているようで、彼は自分の手に取り、Ryzen 4000シリーズの一部になる可能性が高いAMD RenoirデスクトップAPUの完全なスペックシートをリークしました。AMDのRenoir APUは、非常に強力なZen 2 CPUコアと高機能のVega iGPUを組み合わせることで、専用のグラフィックカードを購入しなくても、合理的な設定(1080p)でゲームをプレイできるようになります。

AMD RenoirデスクトップAPU は12種あり65W、35WのTDP

APUで完全に優れているように見えるものは、AMD Renoir Ryzen 4000デスクトップフラグシップで、16スレッドと大規模な512シェーダーカウントを備えています。この数は最高級のGPUでしか見られなかった時期がありましたが、今では低予算ゲーマーはAMD APU内でそれを見つけることができます。1.75 GHzでクロックされるこの特定のiGPUは、PS4と同じ、1.8 TFLOPのグラフィックス性能を発揮できます。しかもTDPは僅か65Wです。これは、小さなCPUに搭載されている電力量を考えると、狂気の沙汰で7nmの恩恵によるものです。

この情報では最大12個のOPNがリークされていましたが、これはOEMのスペックシートであり、すべてが店頭または小売店で販売されるわけではありません。最低のAPUにも6つのCUがあり、これは約1.3 TFLOPの電力に対して最大1.7 GHzで約384のシェーダーです。エントリーレベルの専用GPU(NVIDIAのMXシリーズ)の世界は終わったように感じます。このセグメントは、エントリーレベルのIntel dGPUが開始されるか、AMDのAPUがパフォーマンスで打ち負かしています。

AMDは数年前APU全盛期があり、当時非常に人気があり、同社がZenで復活したとき、APU側がまだ十分に追いついていないように感じました。AMD Renoir SKUはそれを変更し、さらに強力なZenコアと結合した信じられないほど強力なiGPUを備え、究極のスターターマシンを入手可能にします。問題のソケットが基本的なAM4であることを考えると、それはPCゲーマーにとって完璧なアップグレードパスになります。

AMDのRyzen 4000 RenoirデスクトップCPUは、200USドル未満のカテゴリのユーザー向けのオプションを増やし、同じパッケージで7nm Zen 2コアとVega GPUの両方を入手できるため、非常に期待されています。AMDが、PCIe 4.0 AM4プラットフォームのコストを下げるB550チップセットを導入することも魅力的です。

以前は、コアが低く、クロック速度が早いにもかかわらず、Ryzen 7 4700U 8コアチップに近い数値を投稿したとされるデスクトップRyzen 4000 Renoir CPUのパフォーマンスを見てきました。

3DMark 11の全体的なパフォーマンスベンチマーク

  • AMD Ryzen 4000GシリーズデスクトップCPU- 5659ポイント
  • AMD Ryzen 7 4800U RenoirモバイルCPU- 6309ポイント
  • AMD Ryzen 7 4700U RenoirモバイルCPU- 5713ポイント

Ryzen 4000シリーズの「Renoir」デスクトップCPUは、B550やA520マザーボードなどの低価格のPCプラットフォーム向けに2020年下半期に発売されると予想されます。彼らは間違いなく現行品と同じ価格帯の150 USドル未満をターゲットにしている予想されます。