CPU

AMD Ryzen 7000 Raphael 5nm Zen 4チップレットレイアウトは、64MBのL3キャッシュを垂直スタックに移動してダイあたり最大16コアへ

AMDのCES2022基調講演のほんの数時間前に、Ryzen7000 「Raphael」デスクトップCPUに電力を供給する次世代Zen4コアのチップレットレイアウトであると噂されているようです。その興味深い画像を受け取りました。

AMD Ryzen 7000 Raphael CPUは、5nm Zen 4 Priorityおよび Low TDPコアの組み合わせを特徴とし、垂直にスタックされたL3キャッシュを備えたダイあたり最大16コア

噂のチップレットレイアウトによると、AMDはZenの次のイテレーションで実際により多くのコア数を提供するようです。5nm Zen 4コアは、AMDの次世代Ryzen 7000 Raphael、Ryzen 7000 Phoenix、およびEPYC 7004 Genoa CPUに電力を供給します。このチップレットアーキテクチャは、今年後半にAM5プラットフォームでリリースされるRaphaelというコード名のRyzen Desktopファミリ固有のものであり、AMDはEPYCラインナップと同様に、「Milan-X」パーツだけでなく、CES基調講演でV-CacheだけでなくZen4アーキテクチャに基づくGenoa とBergamoの詳細を発表する予定です。

詳細を詳しく説明すると、噂のチップレットレイアウトでは、AMDはRaphaelチップレットに16個のZen 4コアを搭載しますが、これらのコアのうち8個は「優先」コアであり、残りの8個のZen4コアはフルTDPモードで動作します。低TDPに最適化されたコアであり、30Wの合計TDPで動作します。Zen 4 Ryzen CPUは最大170W TDPを搭載することが期待されていることを忘れないでください。Zen4の「LTDP」および「Priority」コアはそれぞれ共有1MB L2キャッシュを備えていますが、V-Cacheは完全にオフダイになっており、代わりに64MBのL3キャッシュを備えた各スタックと垂直にスタックされます。AMDがRyzen7000 CPUで2つのZen4ダイを使用する場合、これにより128MBのL3キャッシュが得られます。

また、新しいアーキテクチャレイアウトでは、まったく新しいハイブリッドアプローチを利用したIntelのAlder Lake CPUの場合のように、ソフトウェアでスケジュールを更新する必要がないことにも言及しています。これらのバックアップ「LTDP」コアは、メインコアが100%の使用率に達した場合にのみ使用され、より高いTDPで実行される完全な16個の Zen 4コアの代わりに、物事を機能させる効率的な方法のように見えます。

また、V-Cacheスタックはバックアップコアの上に存在し、この設計の最初の反復は、優先コア間でのL3共有にのみ制限されると言われています。噂によると、32コアのAMD Ryzen 7000 Raphael CPUはすべて170W TDPを搭載し、パフォーマンスに関しては、30W TDPを備えた単一の8 LTDP Zen4コアスタックがAMD Ryzen 7 5800Xよりも高速なパフォーマンスを105W TDPで提供します。

AMDのRaphael Ryzen Zen4 デスクトップCPUについて

次世代のZen4ベースのRyzenデスクトップCPUはコードネームRaphaelになり、コードネームVermeerのZen3ベースのRyzen 5000デスクトップCPUに取って代わります。現在入手している情報によると、Raphael CPUは5nm Zen 4コアアーキテクチャに基づいており、チップレット設計で6nm I / Oダイを備えています。AMDは、次世代のメインストリームのデスクトップCPUのコア数を増やすことを示唆しているため、現在の最大16コアと32スレッドからわずかな増加が見込まれます。

真新しいZen4アーキテクチャは、Zen 3に対して最大25%のIPCゲインを提供し、約5GHzのクロック速度を達成すると噂されています。Zen3アーキテクチャに基づくAMDの今後のRyzen 3D V-Cacheチップは、スタックされたチップレットを備えているため、AMDのZen4ラインのチップにも設計が引き継がれることが期待されます。

AMD Ryzen Zen 4 デスクトップCPU期待される機能

  • 真新しいZen4 CPUコア(IPC /アーキテクチャの改善)
  • 6nmIODを備えた真新しいTSMC5nmプロセスノード
  • LGA1718ソケットを備えたAM5プラットフォームでのサポート
  • デュアルチャネルDDR5メモリのサポート
  • 28個のPCIeレーン(CPU専用)
  • 105-120W TDP(〜170W)

プラットフォーム自体に関しては、AM5マザーボードはかなり長い間続くLGA1718ソケットを備えています。このプラットフォームは、DDR5-5200メモリ、28個のPCIeレーン、より多くのNVMe4.0およびUSB3.2 I / Oを備えており、ネイティブUSB4.0サポートが搭載している場合もあります。AM5には、最初はX670フラッグシップとB650メインストリームの少なくとも2つの600シリーズチップセットがあり、X670チップセットマザーボードはPCIe Gen 5とDDR5メモリの両方をサポートすることが期待されていますが、サイズが大きくなったため、ITXボードはB650チップセットのみになると報告されています。

Raphael RyzenデスクトップCPUは、RDNA 2オンボードグラフィックスを搭載することも期待されています。つまり、Intelの主流のデスクトップラインナップと同様に、AMDのメインストリームのラインナップもiGPUグラフィックスをサポートします。新しいチップに搭載されるGPUコアの数に関しては、2〜4(128〜256コア)の噂があり、これは、間もなくリリースされるRyzen 6000 APUのRembrandtに搭載されているRDNA2 CUの数よりも少なくなりますが、IntelのIris Xe iGPUを寄せ付けないためには十分です。

Zen4ベースのRaphael Ryzen CPUは、2022年後半まで期待されていないため、発売にはまだ多くの時間が残っています。このラインナップは、IntelのRaptor Lake第13世代デスクトップCPUのラインナップと競合します。

AMD Mainstream Desktop CPU Generations Comparison

AMD CPU FamilyCodenameProcessor ProcessProcessors Cores/Threads (Max)TDPsPlatformPlatform ChipsetMemory SupportPCIe SupportLaunch
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300-SeriesDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-SeriesDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 6000Warhol?7nm (Zen 3D)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02021
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-SeriesDDR5-4800Gen 4.02021
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?TBATBAAM5700-Series?DDR5-5000?Gen 5.0?2023

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Core i9-13900K Raptor Lake CP…

  2. Intel Core i9-10900 ES 10 Core Come…

  3. Intel 「Ice Lake」世代では、8コア/16スレッドがメイン…

  4. Intelは2022年第1四半期にAlderLake-SとAlderL…

  5. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  6. Intel Core i9-10900K 10コアCPUは、AMDのR…

  7. Intel Core i9-12900KS Alder Lake CP…

  8. ドスパラ GeForce RTX 2060 Super・2070 Su…

  9. AMD Ryzen 9 7950X と Ryzen 7 7700X …

  10. Intel RocketLake第11世代デスクトップCPUは3月30…

  11. 来月あたりに販売開始か?! Ryzen 7 2700X Ryzen …

  12. AMD 16コア32スレッド Ryzen 9 3950X 発表

PAGE TOP