Intel Core i9-10900K 10コアフラグシップCPUは高温で動作し4.8 GHzで235Wの電力と240mm AIOクーラーで90度以上

(Source:wccftech)

IntelのCore i9-10900K CPUは、今年最もホットな(文字通り)最も電力消費量の多いデスクトップCPUの1つになります。来週の発売が近づくにつれ、WeiboユーザーのWolfstame(9550proを介して)が新しい熱および電力テストを投稿しました。これは、メインストリームセグメント用のIntelの最大のモノリシックダイベースプロセッサにユーザーが期待すべきことを示しています。

Intel Core i9-10900K 10コアフラグシップCPUは高温で動作し4.8 GHzで235Wの電力と240mm AIOクーラーで90度以上

14 nmプロセスがIntelの 12 nmおよび7 nm Ryzen CPUで過去2年間に見られたAMDの卓越した効率に追いつくための主な障壁になる方法についてはすでに説明しました。古いけれども洗練されたノードは、Intelが競合他社よりも優れたクロック速度を維持するのに大いに役立ちますが、数年間同じアーキテクチャに依存し始めて、その亀裂が見え始めました。Intelが少なくとも今年のRocket LakeでデスクトップCPUの新しいアーキテクチャに移行することを知っているのは良いことですが、それもやはり次世代のCoveアーキテクチャが移植された14nmプロセスノードに基づいています。

Wolfstameは、すでに彼のCore i9-10900FテストでIntelの10コアのメインストリームデスクCPUを確認してくれています。65Wの製品であり、Core i9-10900Kよりもはるかに低いクロック速度を特徴とするチップは、全負荷で224ワットの電力を消費し、平均温度が69度前後で、ピークでの温度は92度と報告されました。

次に、同様のテストセットアップ構成でIntel Core i9-10900Kのパフォーマンスです。240mm AIOラジエーターを使用すると、Core i9-10900KはAIDA64 FPUストレステストで全負荷時に235ワットを消費しました。CPUは、ピーク温度は93度で平均温度は87度で動作しました。これは、Core i9-10900FとCore i9-10900Kの18度の違いです。ロック解除されたCPUはより高いクロック速度で動作するため、全負荷でより高温になり、より多くの電力を消費します。

CPUは4.8 GHzで実行されていましたが、これはIntelのThermal Velocity Boostなしの全コアブースト周波数のピークです。Thermal Velocity Boostが機能するためには、CPUが70度未満である必要があります。これは、240mm AIO液体クーラーでは発生しません。Core i9-10900Kを使用している人は、Core i9-10900Kを最高の定格クロック速度で実行するために、360mm AIOやカスタムループソリューションなどのハイエンドの冷却設定を実際に使用する必要があるようです。できない場合は、低いSKUが最善の策になります。これは、オーバークロックには多くのチューニングなり冷却が必要になることも示しています。


Core i9-10900K / KFシリーズは、MSIによって報告された最高のダイを使用しています。Core i9-10900K / KFは、すべてのコアが5.2 GHz(1.3V +)にプッシュされると250Wに達します。5.1 GHzと5.0 GHzは、220〜230 Wの電力値でより実行可能ですが、1.22〜1.25 Vのはるかに低い電圧で、温度も低くなります。

Intel Core i9-10900K-10コア、最大5.3 GHzシングルコア、4.9 GHzオールコア、488ドル

Intel Core i9-10900Kは、第10世代デスクトップCPUファミリの主力製品になります。Intelは、Core i9-9900KSよりも優れたパフォーマンスを提供するために、いくつかの特徴があります。i9-10900Kは、10コア、20スレッド、合計キャッシュ20 MB、125W TDPを備えています。チップのベース周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzまでブーストでき、さらに4.9 GHzオールコアブーストです。

この特定のチップのいくつかの機能は次のとおりです。

  • 最大4.8 GHzオールコアターボ
  • 最大5.3 / 4.0 GHz熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHzのIntel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブなコアグループのチューニング

CPUは現在の主力部品と同様に、Thermal Velocity Boostも取得します。Core i9-10900KなどのこのアルゴリズムをサポートするCPUは、5.3 GHz(シングルコア)および4.9 GHz(オールコア)のさらに高速のブースト周波数を備えています。ただし、その名前が示すように、Thermal Velocity Boost機能を完全に利用できるのは最上位の冷却ソリューションだけです。したがって、ハイエンドのAIO液体クーラーやクローズドループのセットアップを準備しない限り、速度が持続的にブーストするのではなく、しきい値に達するまでの短時間のブーストになる事です。この機能が提供する機能の全範囲と、Core i9-10900Kが一般的にどのような種類の冷却を必要とするかを知ることは興味深いでしょう。Core i9-10900K対AMD Ryzen 9 3900X CPUのいくつかのベンチマークはここで見つけることができます。カスタムループ冷却ソリューションを実行しているユーザーの場合、このオーバークロックの結果は、第10世代のOC対応インテルデスクトップCPUを使用している場合に何ができるかを示しています。

Intel’s 10th Gen Core Desktop CPU Pros

  • より高いシングルスレッドパフォーマンス
  • より高いクロック速度
  • 優れたオーバークロック機能
  • 固体メモリのサポート
  • AMD CPUよりも低温の可能性が高い

AMD’s 3rd Gen Ryzen Desktop CPU Pros

  • より高いマルチスレッドパフォーマンス
  • より多くのコア/スレッド/キャッシュ
  • 7nmアーキテクチャ(新機能)
  • 箱から出して印象的な価値
  • Intelと同等のシングルスレッドパフォーマンス
  • はるかに低い消費電力

この機能が提供する機能の全範囲と、Core i9-10900Kが一般的にどのような種類の冷却を必要とするかを知ることは興味深いでしょう。Core i9-10900KとAMD Ryzen 9 3900X CPUのいくつかのベンチマークはここで確認できます。