Samsungが業界初のEUV DRAMを発表、 2021年DDR5の量産開始

(Source:wccftech)

Samsungは、本日の発表で、(EUV)技術に基づいたDRAMモジュールDDR5を2021年に出荷すると発表しました。

SamsungはEUVを使用してDDR4生産プロセスを強化し、より高い歩留まりを達成し、最初の100万台を出荷

新しいEUVベースのDRAMモジュールは、グローバルな顧客評価を完了し、プレミアムPC、モバイル、エンタープライズサーバー、およびデータセンターアプリケーションで使用するためのより最先端のEUVプロセスノードへの扉を開きます。
Samsungは、DRAMスケーリングの課題を克服するために、DRAM生産にEUVを採用した最初の企業です。EUVテクノロジーは、マルチパターニングの反復ステップを削減し、パターニング精度を向上させ、パフォーマンスの向上と歩留まりの向上、および開発時間の短縮を可能にします。

来年までにDDR5およびLPDDR5を期待

EUVは、第4世代の10 nmクラス(D1a)または高度な14 nmクラスのDRAMをはじめ、Samsungの次世代世代のDRAMに完全に展開されます。Samsungは、来年、D1aベースのDDR5およびLPDDR5の量産を開始する予定です。これにより、12インチD1xウェーハの生産性が2倍になります。来年のDDR5 / LPDDR5市場の拡大に合わせて、同社はメモリ市場全体でのDDR5 / LPDDR5への移行を加速するため、標準仕様の最適化に関する主要なIT顧客および半導体ベンダーとのコラボレーションをさらに強化します。Samsungは、次世代プレミアムDRAMへの需要の高まりに対応するため、今年後半に韓国の平澤で2番目の半導体製造ラインの稼働を開始します。