IntelのフラッグシップCPU Core i9-10900K Comet Lake-S 10コアデスクトップCPUがZ490マザーボードでベンチマークがリークAMD Ryzen 9 3900Xと同等

(Source:wccftech)

Intelの主力製品であり、直近登場するメインストリームのデスクトッププロセッサで10コア、Core i9-10900Kの最新のベンチマークが再びリークされています。今回は、Z490マザーボードに搭載された情報が投稿されました。これは、Intelの新しいチップのパフォーマンスがより現実的な数値情報です。

IntelのフラッグシップCPU Core i9-10900K Comet Lake-S 10コアデスクトップCPUがZ490マザーボードでベンチマークがリークAMD Ryzen 9 3900Xと同等

第10世代 Core i9-10900Kは、Comet Lake-Sメインストリームデスクトップファミリーです。2020年のIntel主力のCPUになります。これは、Kaby Lake、Coffee Lake、Coffeeなどの無数の改訂版で受け取ったSkylakeアーキテクチャに基づいています。このプロセスも同じ14nmですが、より洗練されたバージョンであるため、わずかなクロック速度の向上とコアの追加が可能です。

Intel Core i9-10900K 10 Core CPUの仕様

仕様に関しては、Core i9-10900K  は10コア、20スレッド、20 MBの合計キャッシュ、125W TDPを備えています。チップの基本周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzをブーストでき、さらに良いのは4.9 GHzの全コアブーストなのです。このCPUの機能には次のものがあります。

  • 最大4.8 GHzの全コアターボ
  • 最大5.3 / 4.9 GHzの熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループの調整

_Rogameが掘り出した最新のベンチマークは、Intel Core i9-10900Kが3DMark Firestrikeベンチマークで28940ポイントを獲得していることを示しています。このテストセットアップには、3200 MHzで実行される2つの8GB DDR4メモリが含まれます。AMD Ryzen 9 3900X CPUの同様の設定では、30,415ポイントのスコアが得られ、これは10コアのIntel CPUの5%先行しています。IntelにはAMDのZen 2アーキテクチャに対してクロックの大きな利点がある一方、AMD CPUはより多くのコアとスレッドを搭載していることに留意する必要があります。

これは、これら2つのプラットフォームのそれぞれで実行できる最もハイエンドなメモリ構成に近いものではないため、より優れたメモリキットの数値はさらに高くなると予想されますが、このベンチマークは、ユーザーに優れたパフォーマンスベースラインを提供しますi9-10900K。Intel Core i9-10900(非K)CPUのベンチマークも数週間前にリークされています。

以前のベンチマークから、以下にリストされているIntelおよびAMDの現在の世代のラインナップのいくつかの長所を確認することができます。

Intelの第10世代コアデスクトップCPUの長所

  • より高いシングルスレッドパフォーマンス
  • より高いクロック速度
  • 優れたオーバークロック機能
  • 固体メモリのサポート

AMDの第3世代RyzenデスクトップCPU Pro

  • より高いマルチスレッドパフォーマンス
  • より多くのコア/スレッド/キャッシュ
  • 7nmアーキテクチャ(新機能)
  • すぐに使える印象的な価値
  • Intelと同等のシングルスレッドパフォーマンス
  • クーラーを実行し、消費電力を抑えます

Intel 10th Gen Core Comet Lake Desktop CPU Family

CPU NameCores / ThreadsBase ClockSingle-Core Boost ClockTurbo Boost Max 3.0 (Single-Core)All Core Boost ClockCacheTDP
Intel Core i9-10900K10/203.7 GHz5.1 GHz 5.3 GHz5.2 GHz4.8 GHz 4.9 GHz20 MB125W
Intel Core i9-10900KF10/203.7 GHz5.1 GHz 5.3 GHz5.2 GHz4.8 GHz 4.9 GHz20 MB125W
Intel Core i9-1090010/202.8 GHz5.0 GHz 5.2 GHz5.1 GHz4.5 GHz20 MB65W
Intel Core i9-10900F10/202.8 GHz5.0 GHz 5.2 GHz5.1 GHz4.5 GHz 4.6 GHz20 MB65W
Intel Core i9-10900T10/202.0 GHz4.5 GHz未定未定20 MB35W
Intel Core i7-10700K8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W
Intel Core i7-10700KF8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W
Intel Core i7-107008/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W
Intel Core i7-10700F8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W
Intel Core i7-10700T8/162.0 GHz4.4 GHz未定未定16 MB35W
Intel Core i5-10600K6/124.1 GHz4.8 GHzなし4.5 GHz12 MB125W
Intel Core i5-10600KF6/124.1 GHz4.8 GHzなし4.5 GHz12 MB125W
Intel Core i5-106006/123.3 GHz4.8 GHzなし4.4 GHz12 MB65W
Intel Core i5-10600T6/122.4 GHz4.0 GHzなし未定12 MB35W
Intel Core i5-105006/123.1 GHz4.5 GHzなし4.2 GHz12 MB65W
Intel Core i5-10500T6/122.3 GHz3.7 GHzなし未定12 MB35W
Intel Core i5-104006/122.9 GHz4.3 GHzなし4.0 GHz12 MB65W
Intel Core i5-10400F6/122.9 GHz4.3 GHzなし4.0 GHz12 MB65W
Intel Core i3-10350K4/8未定未定なし未定8 MB125W
Intel Core i3-103204/83.8 GHz4.6 GHzなし4.4 GHz8 MB65W
Intel Core i3-103004/83.7 GHz4.4 GHzなし4.2 GHz8 MB65W
Intel Core i3-101004/83.6 GHz4.3 GHzなし4.1 GHz8 MB65W
Intel Core i3-10100T4/82.3 GHz3.6 GHzなし未定8 MB35W
Intel Pentium G64002/43.8 GHz3.8 GHzなし未定4 MB65W
Intel Pentium G6400T2/43.2 GHz3.2 GHzなし未定4 MB35W
Intel Celeron G59002/23.2 GHz3.2 GHzなし未定2 MB65W
Intel Celeron G5900T2/23.0 GHz3.0 GHzなし未定2 MB35W

消費電力と熱の数値はIntelの14nmデバイスではるかに高くなりますが、AMDの7nmアーキテクチャは熱と電力効率の面で、現時点は遥かに進んでいます。業界関係者とマザーボードベンダー自身が、Z490ボードはComet Lake-Sラインナップの高電力入力向けに特別に設計されており、チップが300Wの障壁を超えていることに気付いています。価格設定は、第10世代のComet Lake-S CPUファミリーの運命を決定する上で大きな役割を果たします。対応を誤るとAMDは、Zen3で今年予想されるすべてのセグメントで市場シェアを大幅に獲得できる事になります。Intelは本当に自分のCPU戦略を再考する必要があります。Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップファミリーとZ490マザーボードは、2020年4月~5月に発売される予定です。

関連記事