VGA

NVIDIA次世代GPUがベンチマークされ最大7552コアは、TITAN RTXよりも40%高速

(Source:wccftech)

NVIDIAの次世代グラフィックカード(おそらくAmpere)の大きなリークは、Geekbenchから(_ RoGame @ Twitte r 経由で)生まれました。1つではなく2つの別々のGPUがベンチマークされており、NVIDIAの今後のラインナップで2枚のグラフィックカードとなる可能性のあるものを紹介しています。ただし、これらは必ずしもAmpere(またはHopper)であるとは限らず、別の名前(実際にはNVIDIAによる)と呼ばれる可能性があり、会社はこの1時間で命名法を変更することが知られています。

おそらくNVIDIA次世代グラフィックスカード Ampere 7nm GPUがGeekbench 5でベンチマーク

最初のGPUは7552 CUDAコアと118個のSMを搭載したものです。興味深いことに、パフォーマンスとGeekbenchの読み取りは、SM理論ごとに噂されている128コアが間違っており、GPUにはSMごとに標準64コアがあることを意味します。この特定のGPUは1.11 GHzでクロックされたため、現在の速度では16.7 TFLOPになります。もちろん、これは最上位部分ではなく8192 CUDAコアを持っています。このGPUには24GBのメモリがあります。

この特定のNVIDIA GPUは、Geekbenchで驚異的な184096ポイントを獲得しました。これは、TITAN RTXよりもほぼ40%高ポイントです。これらはほぼ確実にグラフィックカードの最終クロックではないことは言うまでもありません。つまり、オーバークロックの可能性がありドーピングされたデータの可能性があります。また、これはデータセンターのものであり、ゲームのバリエーションではありません。2番目のGPUは、6912 CUDAコアと108個のSMを搭載したものです。この低電力の製品は、1.01 GHzでクロックされ、約13.9 TFLOPでクロックインします(RTX 2080 Tiとほぼ同じレベル)。このカードには47GBのメモリが搭載されていることが示されているため、メモリの仕様に関する限り、何らかの誤読が発生している可能性があります。6912 CUDAコア製品は、Geekbenchで141654ポイントを獲得し、RTX TITANよりわずかに高くなっています。NVIDIAがかなり長い間、次の新しいシリーズのカードを発売することを計画していることを考えると、このリークはいくつかの興奮で満たされるでしょう。クロックは、ほぼ確実に7nmノードであることを示しています。古い成熟したノードであれば、相当高いクロック速度が得られるからです。

関連記事

  1. NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8 GB は 5…

  2. NVIDIA GeForce GTX 1650は4月22日にローンチ?…

  3. NVIDIAは、AMD Radeon RX6800「BigNavi」ラ…

  4. AMD Navi 14 GPUを搭載したAMD Radeon RX 5…

  5. Computex2018 AMD Radeon RX Vega 56…

  6. NVIDIA GeForce RTX 3080 / RTX 3080 …

  7. AMD、Radeon RX 7900 XTとNVIDIA RTX 40…

  8. NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカー…

  9. GeForce RTX 20シリーズとGTX 10シリーズ、しばらく併…

  10. Intel ARCグラフィックス用のドライバーアップデート

  11. AMD Navi 14 メモリ容量3種?!

  12. AMD Radeon RX 560 XT

PAGE TOP