NVIDIA GeForce NOWベンチマーク 未リリースのRTX T10-8 GPUおよびIntel CC150 CPUを搭載

(Source:wccftech)

NVIDIAのSTADIAライバルであるGeforce NOWの仕様を確認するように思われる、さらにいくつかのリークが表面化しました。同社のゲームストリーミングプラットフォームは最近稼働し、1時間の無料セッションと無制限のプレイのサブスクリプションを特徴としています。独自のGPUを搭載しているため、リリースされていない特定のCPUとGPUのリークが発生し始めるまで、RTXサーバーのパフォーマンスレベルが明確ではありませんでした。

GeForce NOW CPUノード、7.1 GB RAMと結合したIntel CC150の4つのコア

NVIDIAのGeForce NOWはIntel CC150 CPUを搭載しています。これが真実であることがわかっている理由は、GeForce NOW / RTXサーバーエコシステム専用に作成されたことがわかっているNVIDIAからの特定の未リリースGPUを含むサーバースタックの仮想インスタンスのベンチマークがポップアップし始めたためです。これは非常に速く混乱を招くので、一度に1ステップずつ実行していきましょう。本日早く、通常の容疑者(つまりTUM_APISAK)によって以下のリークが公開されました。

リークは、先週、あちこちに現れた謎のIntel CPU、CC150を参照しているようです。このSKUについてはいくつか知っていますが、別の気まぐれなエントリT10-8 GPU(これについては後で説明します)と組み合わせてベンチ化されたのは今回が初めてです。インテルCC150には、前のリークで説明したように、8コアと16スレッドがあることが知られています。

ただし、この新しいリークはハイパーバイザーであるXen HVMを実行しています(これは、これがGeforce NOWベンチであることのさらなる証拠です)。おそらくここで見ているのは、HVMが8コアIntel CC150を2つの別々のインスタンスに分割していることです。それぞれが4つのコアを持っています。つまり、GeForce NOWを使用するゲーマーは、ノードごとに共有Intel CC150で4コア/ 8スレッドにアクセスできます。CPUは、14.3 GBの使用可能な FPM(高速ページ)RAM とペアになっています。実際のRAMは、システムによって予約されたメモリの一部を備えた16GBダイナミックRAMキットです。ハイパースレッディングを実行しているクアッドコアインスタンスは、通常60fpsがターゲットである場合(特にそう)、NVIDIAがAMDプロセッサではなくIntelプロセッサを使用することを選択したことを示しています。CC150は、サーバープロセッサに適した3.5 GHzの全コアクロックでロックされています。

GeForce NOW GPUノード:8GB vRAMを搭載したNVIDIA T10-8グラフィックスカード(2つのノード間で共有)

GPUについて少し話しましょう。このリークがGeForce NOW / RTX Serverインスタンスによるものであると確信している理由の1つは、NVIDIA T10-8と呼ばれる謎めいたGPUを利用しているためです。このカードについてはほとんど知識がなく、実際にはRTX 2080 Tiであると推測されていました(しかし、これは事実ではないことがわかりました)。ただし、TU102ダイに基づいており、NVIDIAが内部的にのみ、特にGeForce NOWサービス用およびRTXサーバーで使用するためにリリースしたGPUであることはわかっています。このベンチマークリークは、GeForce NOWベンチを検討していることを示唆する以上のT10-8を備えています。彼がチャンピオンであるTUM_APISAKは、RTX T10-8 GPUとIntel CC150 CPUを搭載したGeForce NOWの次のベンチマークもリークしました。

Ashes of the Singularityを実行しているGeForce NOWのこのベンチマークは、私たちの理論をほぼ裏付けています。ゲームでは、共有されたNVIDIA GeForce RTX T10-8 GPUを見ることができますが、CC150の8コアのうち4つしか見ることができません。これは、GeForce NOWの単一インスタンスから期待できるゲームパフォーマンスです。このレベルのゲームパフォーマンスは、ほとんどの場合、1080pゲームのストリーミングに適しています。このパフォーマンスは、進行中の共有のタイプによっても異なる場合があります。NVIDIAは通常、グラフィックの要求が低いゲーム(Cupheadなど)のユーザーとクラブのグラフィックの要求が高いゲーム(Destinyなど)をクラブで結び、ノードの負荷を最適化すると思います。また、1つのインスタンス構成だけを見ており、複数のノード構成が存在する可能性が非常に高いことに注意してください。たとえば、要求の低いゲームでは、リソースを4方向に分割することも可能です。ひとつ確かなことは、NVIDIAは他のベンダーよりもGoogle Stadiaに有利な立場にあり、Intelとの提携は強力な動きのようです。