Intel 3月中旬に第10世代Comet Lake-S、Hシリーズ

(Source:wccftech)

Intelは3月中旬にAMDのRenoirに対抗するために第10世代Comet Lake-SおよびHモビリティCPUを発売する予定です。私のチャンネルチェックによると、AMDのRenoirは現在、3月から4月にかけて発売される予定であり、最も期待されているプラ​​ットフォームの発売の1つであり、モビリティ業界を席巻することになっています。

Intelは、3月中旬にRenoirと戦うために第10世代HシリーズモビリティCPUを発売

私の情報源は、これらの部品が10nmに基づいているか14nmに基づいているかについて言及していませんでしたが、前者を想定しています。Intelの第10世代Hシリーズモビリティラインナップが既存の第10世代モビリティパーツのキューに従う場合、10nmプロセスで製造されたSunny Coveアーキテクチャに基づいており、本質的にAMDのRenoirの非常に強力な競合品となります。AMDのRenoirは7nmプロセスに基づいており、電力効率とダイスペースの経済性が重要なモビリティプラットフォームに存在することを考慮すると、Intelの14nmプロセッサーではこれらと競合することはできません。

これらが10nmの部品であると仮定すると、3月中旬にこれらの製品が発売されて非常に市場が過熱しそうです。ローンチと言うときは、アナウンスメントを意味します。実際の可用性は数週間遅れる可能性があります。Intelの第10世代Hシリーズプロセッサは、モビリティ分野のアップグレードサイクルを迅速に開始し、プロセスリードと市場シェアの点で企業を安定させるのに役立つはずです。ただし、10nmの想定が間違っていて、実際には14nmの部品である場合、事態は非常にトリッキーになり、短命になる可能性があります。Renoirは、パフォーマンスと可用性の面で14nmの部品よりも容易に勝利を収める事になり、市場シェアとマインドシェアを維持するには、価格をさらに引き下げる必要があります。