AMDモビリティプロセッサにPCIe 4.0は不要

(Source:wccftech)

AMDはかなり長い間テクノロジー分野でトップレベルを走ってきており、技術の進歩の限界を押し進めていますが、次世代のRyzen 4000モビリティプロセッサーはPCIe 4.0を必要としていなくPCIe 3.0プラットフォームで進めるそうです。Ryzen 4000シリーズプロセッサは、7nmプロセスであるにも関わらず、GPU IPに関する限りNaviグラフィックスを含まないため、これは興味深いものです。

AMD Ryzen 4000シリーズモビリティプロセッサはPCIe 4.0をサポートしない

インタビューは、Japeneeseの出版物4gamer.netが実施し、AMDのScott Stankard(Senior Product Manager、Client Business Unit)が出席しました。AMDは、デスクトップ側でPCIe 4.0を積極的に推進しており、これは現在、Zen 2ベースのプロセッサの最大のセールスポイントの1つです。したがって、AMDがモビリティの面でPCIe 4.0を使用せず、テクノロジーエンベロープをプッシュしないことに対してIntelが与えたものと非常に同義と思われる反応を示すことに困惑しました。

これは、私が友人から得ることができたインタビューです:

インタビュアー: Zen 2世代のデスクトッププラットフォームは、その機能の1つとしてPCI Express(PCIe)4.0を採用しました。ノートPC向けのRyzen 4000(シリーズプロセッサ)はどうですか?

Scott Stankard: [Ryzen 4000シリーズ]はPCIe 3.0と互換性があります。これは、私たちの判断では、PCI 4.0を適切に利用できるシナリオ(物事のノートブック側)が多くないためです。

AMDが、モビリティ環境においてPCIe 4.0の使用を必要とする状況は多くないという声明です。実際、Ryzen 4000モビリティプロセッサがPCIe 3.0とGPUの古いVega IP(新しいNavi IPの代わりに)を備えているという事実は、モビリティに関する限り、同社がある程度妥協しているように見えます。これは、売上と市場シェアが低下しない限り悪いことではないかもしれません。

また、同社は同じインタビューで、APUのSmartShiftテクノロジーは同期機能をサポートせず、ユーザーがiGPUと専用Radeon GPUを同時に実行できないことを確認しました。これは、すべてのAMDビルドの価値命題を指数関数的に上げた可能性があります(AMD CPU、AMD iGPU、およびAMD dGPUを搭載したラップトップは、同じ予算内での組み合わせにより後者の2つが同期して実行されると、他のものよりもはるかに強力なビルドになります)。

インタビュアー:「AMD SmartShift」は、iGPUとdGPUの同時操作をサポートし、グラフィック処理の負荷に応じてiGPUとdGPUの間に動的に電力を分配できますか?

Scott Stankard:いいえ、iGPUはdGPUを同時に動作させることはできません。一方が機能している場合、もう一方は完全にオフになります。

とはいえ、AMDのRyzen 4800Hプロセッサは、サブ14 / 10nmプロセスで出荷される最初のプロセッサの1つであるため、モビリティ市場に大きな混乱をもたらすでしょう。AMDは、Intelの第10世代モビリティプロセッサよりもはるかに多くの電源にアクセスしながら、7nmプロセスのコストと電力の節約を活用できるため、はるかに高い規模の売上、利益を達成できるはずです。彼らが通常の価格設定方針に固執すれば、AMDラップトップは同様の電力エンベロープの他の構成よりも約100ドル安く出荷されることもわかるはずです。ゲーミングのコストは、それが表示されると思われますが、その日は過ぎ去りつつあります。