AMD Adrenalin 2020ドライバー本日公開

(Source:wccftech)

AMD Adrenalin 2020ドライバーのアップデートは本日公開される予定です。最初の詳細はVideoCardzによって共有され、大規模なオーバーホールを示しています。まず、パフォーマンスは、AMD Adrenalin 2019起動ドライバーと比較して12%向上したと言われています。このAMD Adrenalin 2020アップデートには、「Radeon Boost」動的解像度技術から、機械学習によるアップスケーリングと視覚的ノイズ低減のためのDirectMLメディアフィルターに至るまで、数多くの新機能もあります。ユーザーインターフェイス(UI)の完全な刷新が付属しています。これは、以下に追加したスクリーンショットをご覧ください。

  • 新しいUI  (ゲーム内でも利用可能)
  • AMDリンクの機能強化
    • (新しいウルトラビットレート(50 Mbps、x265エンコード、インスタントGIF)
    • よりクリーンなインターフェース
    • Radeon Softwareアプリの統一された外観
  • Radeon Boost
    • 解像度を調整することにより、より高速で滑らかなゲーム
    • 知覚できる画質の変化はほとんどまたはまったくありません
    • より敏感に
    • 発売時の8ゲームのサポート:オーバーウォッチ(最大38%高速)、PUBG(最大22%高速)、ボーダーランズ3、シャドウオブザトゥームレイダー、ライズオブザトゥームレイダー(最大10%高速)、デスティニー2 GTA5、COD WW2
  • チューニングタブ
    • グラフィックカードをカスタムチューニングし、ゲームのパフォーマンスを向上させます
    • 通知ユーザー向けの簡素化されたビューと自動調整プリセット
    • 愛好家向けの高度なエンジン、メモリ、電圧、ファンの設定
    • ゲーム中にシステムのパフォーマンスを簡単に追跡
  • ストリーミングタブ
    • ゲームやデスクトップを直接オンラインでストリーミング
    • 改善された安定性
    • ゲームから簡単に起動、設定、使用できます
    • ストリーミング専用の制御領域
    • ミキサー、Twitch、Youtubeサポート、複数のシーンなど。
  • DirectMLメディアフィルター
    • 機械学習を利用した視覚的なノイズ低減とアップスケーリングフィルター
  • 画像鮮鋭化
    • パフォーマンスが2%未満の影響で、重要な場所でより明確な詳細
    • DX11ゲームを追加します
    • シャープネスの度合いを制御する
    • ゲーム中にオン/オフを切り替える
  • Radeonアンチラグ
    • 入力遅延を減らし、より迅速な応答を提供します
    • RX5000以前のGPUにDX9サポートを追加
    • グローバルアクティベーション
  • 整数表示のスケーリング
    • クラシックゲームにレトロなピクセルアートスタイルの外観を与えます
    • 高PPIディスプレイ用の非常に鮮明なスケーリングオプション
    • パフォーマンスコストなしのオプション
  • ウェブブラウザ
    • 統合されたブラウザにより、ゲーマーは重要な情報を取得できます
    • ビデオチュートリアルへの直接アクセス
  • システムステータス
    • ハードウェアが最小の開発者ゲーム仕様を下回っている場合に通知を受ける
    • AMD Linkの接続状態をすばやく確認する
    • システムを最新の状態に保つことがこれまでになく簡単になりました
  • ゲームセンター
    • ストアに関係なく、1つの場所からゲームを起動します
    • 各ゲームでRadeon Softwareの設定を調整する
    • ゲームとパフォーマンスの統計を追跡する
  • ユーザープロファイル
    • ゲーム/ eスポーツ/標準
    • 初心者ユーザーに最適
    • ワンクリックのプリセット
  • インストール
    • ファクトリーリセットが改善されたワンクリックセットアップ
    • インストール間で設定を保持する
    • インストール時間を最大34%高速化