Intel 14nmの不足を22nm Pentium G3420で補う

(Source:wccftech)

インテルは、14nmの製造能力が継続的に不足しているため、22nmプロセステクノロジーを採用しています。これにより、Intelは製品変更通知の発行によりHaswellベースのPentium G3420を復活させました。

2019年 22nm Haswellの復活

昨年から今年にかけて、Intelは14nmの需要に追いつく為に苦労しました。そのため、Intelは2013年第3四半期に発売された22nmプロセッサであるPentium G3420の復活を頼りにしました。IntelはPentium G3420のステータスが「製造中止」から「製造中」に変更しました。HaswellベースのPentiumのこの復活は、Dellがプロセッサの不足によりIntelの全体的な収益の減少を非難した直後であり、Pentiumにより、Intelは追加製品をできるだけ早く市場に投入することに注力しているようです。さまざまなシステムメーカーとOEMは現在、Intelチップの不足の代わりとしてAMDを利用しています。IntelはPentiumの生産復活に取り組んでいますが、このチップの古さを考慮して、比較検討の材料である、特にAMDの新しいAthlon 200およびAthlon 3000Gプロセッサでは、仕様的に競合するものではありません。

Intel Pentium G3420対AMD Athlon 3000G-6年間の違い

Pentium G3420はローエンドシステムをターゲットとしています。残念ながら現行の14nmと同等の価格でありながらかなり古いテクノロジーを市場に投入します。これは、2020年5月まで生産される予定です。システムインテグレーターがAMDのAthlon 3000GよりもPentium G3420を使用する決定を下す理由は相当疑問です。IntelのPentium G3420とAMDのAthlon 3000Gは両方とも2つのコアを備えていますが、AMDのエントリーレベル製品には、SMTが有効になっているため、Pentiumを超える2つのスレッドがあります。Athlon 3000Gは、Radeon Vega 3という iGPUも備えています。これは、ブリストルリッジを大幅に上回り、PentiumのIntel HDグラフィックスよりもはるかに強力です。Pentiumは古いソケットとDDR3に限定されていますが、Athlon 3000GはすべてのAM4マザーボードとDDR4と互換性があるため、エントリーレベルから強力なRyzen 9 3950Xまで簡単にアップグレードできます。Athlonには、チップをOCする機能が追加されていますが、PentiumにはOCがロックされています。