Intel Xeon SoMaプロセッサー

(Source:wccftech)

私たちのお気に入りのtwitterアカウントの 1つであるMomomo_USは、最初は4つのMCMダイをホストする奇妙なプロセッサを投稿しました。プロセッサのIHSは明らかにIntelのIHSに似ています。Intelは、MCMベースの戦略を追求することを認めたことはありませんが、このCPUが非常に大規模なデマ以外の可能性があると思われる場合は、ラボでテスト済みのMCMデザインであることを示します。

4つのダイを搭載したIntel Xeon SoMAプロセッサが中国のフォーラムとeBayで発見

詳細を説明する前に、これはほぼ間違いなく非常に古い情報であり、新しいSKUのリークではないことをお断りしておきます。パッケージングではLGA 1156-ishの設計になっており、バッチ番号により、このCPUはほぼ4年前に製造されたものとされています。パッケージはマレーシアで作られました。

このすべての情報に基づいて、次の3つのうちのいずれかを見ています。

  1. MCM設計のための非常に古く放棄されたプロジェクト
  2. Intelがまだ公開していないプロジェクト
  3. 誰かが100,000を超えるチップを偽造した手の込んだデマ

IHSの設計では、Skylakeファミリーのブラケットにも含まれているため、すぐにテストを開始したと考えられます。ここで CPUが破壊されている完全なビデオを見ることができます。

パッケージにトランジスタ/ SMDがないため、これは動作するプロセッサではなく、単に初期のデモチップでもありません。これは、非常に奇妙な部品番号とIntel Confidentialロゴの欠如によってさらに裏付けられています。IntelがPG8、KM5およびKMOに基づいた3つのテスト/パッケージングサイトを持っているため、パッケージングで「MALAY」が言及されているという事実もこの理論をさらに裏付けています。

ここで物事がエキサイティングになります。ここに示されているダイは、デュアルコアのSkylakeダイに近いサイズであり、4つのダイにより8コアチップになります。このチップが約4年前に作られたという事実に基づき、Intelが積極的に追求していたものであれば、技術を完成させて実装するのに十分な時間を持っていたことになります。次に私がやったことは、部品番号にグーグルとローをすばやく付けて、これらのプロセッサがeBayでも利用できることを見たことでした。これらのCPUが非常に多いという事実は、これがすべて手の込んだデマである可能性は非常に低くなります。これらは、過去数年前からパフォーマンスをスケーリングするための実行可能な代替手段に関するインテルの内部テストの一部であると想定しています。これらのテストが肯定的であることが判明したかどうか、IntelがMCM戦略に取り組んでいるのか、これが最終的に放棄されたプロジェクトであるのかは誰もが気になるものです。Intelは、従来のプロセッサへのモノリシックアプローチを使用してAMDと競合していますが、残念ながら、AMDが採用しているようなMCMベースの設計と競合するように拡張することはできていません。レチクルのサイズによって制限されるため、モノリシックダイを拡張できるのはそれほど大きくありません。一方、MCMベースの設計では、歩留まりが向上するだけでなく、ほぼ無限に拡張できます。IntelがMCMベースの設計に移行することを決定した場合、AMDとの競争力を維持するために必要なことを急ぐ必要があります。彼らのために、このプロジェクトが成功裏に終了し、最終的に多大な成果を発表してほしいものです。