パソコンに関する情報をお伝え

menu

BTOパソコン-Fan

Intel Xe GPUベースのディスクリートグラフィックスカード

(Source:wccftech)

2020年、インテルはXe GPUをベースにした最初のディスクリートグラフィックスカードを発売することを約束しました。Radeon Technologies Groupの元AMDチーフであるRaja Koduriが率いるIntelのVisual Technologiesチームによって開発されたXe GPUは、Intelからデスクトップの次世代、個別および統合グラフィックスソリューションを強化する真新しいグラフィックスアーキテクチャです。モビリティ、ワークステーションおよびサーバー(HPC / AI)ベースの製品。Intelは最近、「Ponte Vecchio」というコードネームのトップエンドのXe AIおよびHPCチップを発表しましたが、最新の噂ではXe GPUを予想通りにいかなくなっているようです。

Intel Xe GPUの進歩はうまくいかないと言われており、現在競合他社よりも効率が低い

噂は、来年のIntel Xe GPUに関する重要な詳細を述べたChiphellユーザー “wjm47196″から来ています。彼が最初に指摘したことは、Intel Xe GPUの進歩がうまくいかないということです。これは、Xe GPUの最初にさかのぼって繰り返される事です。Ponte Vecchioグラフィックチップに搭載されるものは、7nmリビジョンではないことを念頭においてください。まず噂のキーポイントです:

  • Xe GPUで進捗がうまくいかない
  • ポンテヴェッキオHPC GPUが今後2年以内に起動しない可能性(2022)
  • Xe GPUの効率は競合他社に比べて非常に低い
  • 起動時にAIBサポートなし、Intelが販売するディスクリートグラフィックスカードの参照モデルのみ
  • ドライバーは改善するのに多くの時間が必要です

Xe GPUの最初の反復は、さまざまなソリューションで取り上げられます。これらには、来年到着するTiger Lake CPUと、Intelのグラフィックマーケティング責任者であるChris Hookが2020年末までに利用可能になると述べた個別のグラフィックソリューションが含まれます。コンパニオンは、Intelのグラフィックマーケティング活動のために大成功を収めたOdysseyキャンペーンを主導しました。そのため、先週、 Chris HookとHeather Lenon(Intel Graphicsのデジタルマーケティング担当シニアマネージャー)が会社を去ったことを発表したのは驚きでした。現在、IntelはすでにCPU市場でAMDからの大きなプレッシャーにさらされており、このニュースはIntelにとって事態を悪化するよにも思えます。噂に戻ると、現在のところ、IntelのXe GPUアーキテクチャの効率は比較的低く、NVIDIAまたはAMDの現在のGPU(それぞれ12nmおよび7nmノードに基づく)に比べても出来栄えが悪いとさらに述べられています。消費者向けソリューション向けのIntel Xe GPUは、14nmまたは10nmプロセスに基づいていますが、Intelはまだこれを確認していません。インテルの14nm生産は、主要なOEMの注文を履行できないと話しているため、すでにそうとうな制約を受けています。Intelが14nmプロセスを使用して消費者向け製品のXe GPUを製造する場合、特にTiger Lake CPUが大量市場向けのノートブックやラップトップなどのモビリティ製品で出荷される事を考えると、非常に不足することになります。Tiger Lake CPU自体はIntelの10nm +プロセスノードを使用するため、EMIBを使用して、Intelの Rocket Lake-Sプロセッサでも使用されている同様の方法で2つの異なるSOC(CPU + GPU)をミックスマッチする可能性があると最近のリークで明らかになっています。さらに、最初のXe GPUは予算と主流のセグメントを目指していると報告されていて、ディスクリートグラフィックカードは非常に少ない数量で提供されます。

噂の他の部分は、彼らがASUS、MSI、ギガバイト、などAIBsに協力するための適切な手段を確立していないようです。このためIntelがリファレンスデザインで、すべてのディスクリートグラフィックカードそのものを販売するだろうということです。Intelからの参照フレーバーのみを取得し、カスタム製品は、Xe GPUがパフォーマンスの高いボードおよび冷却設計を備えたメーカーに採用され始めるまで1、2世代待つ必要があります。Intel Xe GPUアーキテクチャには、本当に優れたドライバーを用意するために、かなりの時間がかかる可能性があります。GPUが起動に乗った場合でも、ドライバー側で多くの最適化が必要となるためです。現時点ではパフォーマンスが非常に低いと言われている理由を説明できます。

以前のリークから、Intelは少なくともいくつかのXeベースのディスクリートソリューションに取り組んでいることがわかりました。XeベースのディスクリートグラフィックファミリのEUカウントは、128、256、および512の範囲になります。初期のXeグラフィックカードは主流の視聴者を対象としている可能性が高いため、EUカウントはより理にかなっています。テストドライバーで言及されているバリアントは次のとおりです。

  • iDG1LPDEV = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 LP DG1” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP512 = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP256 = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP128 = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”

インテルは10月にXe GPUベースのDG1グラフィックカードの最初の立ち上げに達成しました。これは、グラフィック開発の取り組みにとって大きな偉業と考えられています。最初の立ち上げからこのうわさまでの時間は比較的近いため、グラフィックスラインの準備ができた1年で、現在聞いている噂よりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮することを期待できます。Intel Xe GPUのパフォーマンスが2020年後半に発売されるその時を待ちましょう

Intel Core i9-10900 / 10コア /20MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i9-10900K / 10コア /20MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i3-9100 / 4コア / 6MB キャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i5-10400 / 6コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i5-9400 / 6コア / 9MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i5-9600K / 6コア / 9MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-10700 / 8コア /16MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-10700K / 8コア /16MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-9700 / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-9700K / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i9-9900 / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i9-9900K / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG259Q 24.5インチ フルHD IPS 144Hz 1ms
AmazonRakuten
ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG27AQ 27インチ WQHD HDR IPS 165Hz 1ms
AmazonRakuten
ASUS ゲーミングトライバンド WiFi ルーター GT-AX11000
AmazonRakuten
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-5950AX12 Wi-Fi6
AmazonRakuten
CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 1TB CSSD-M2B1TPG3VNF
AmazonRakuten
CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 2TB CSSD-M2B2TPG3VNF
AmazonRakuten
CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 500GB CSSD-M2B5GPG3VNF
AmazonRakuten
MSI 27インチ 16:9 フルHD 165Hz eスポーツ アンチフリッカー FreeSync Premium Optix MAG271R
AmazonRakuten
MSI 31.5インチ 16:9 WQHD 144Hz 湾曲パネル アンチフリッカー FreeSync Premium Optix MAG321CQR
AmazonRakuten
Samsung SSD 1TB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S1T0B/EC)
AmazonRakuten
Samsung SSD 250GB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S250B/EC)
AmazonRakuten
Samsung SSD 2TB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S2T0B/EC)
AmazonRakuten
Samsung SSD 500GB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S500B/EC)
AmazonRakuten
SilverStone 1000W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST1000-PTS
AmazonRakuten
SilverStone 1200W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST1200-PT
AmazonRakuten
SilverStone 550W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST55F-PT
AmazonRakuten
SilverStone 650W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST65F-PT
AmazonRakuten
SilverStone 750W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST75F-PT
AmazonRakuten
Western Digital SSD 1TB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS100T2B0C-EC
AmazonRakuten
Western Digital SSD 250GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS250G2B0C-EC
AmazonRakuten
Western Digital SSD 500GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS500G2B0C-EC
AmazonRakuten

このサイトについて

最新BTOパソコンや最新パーツの情報を発信するつもりのブログです。

アーカイブ