AMD第4世代Ryzen APU「Renoir」は、7nm Zen 2コアベース

(Source:wccftech)

AMDの第7世代Zen 2コアアーキテクチャに基づいた「Renoir」というコードネームの第4世代Ryzen APUが、そのパフォーマンスベンチマークとともに見つかりました。AMD Renoir APUファミリはCES 2020の頃に導入され、既存の第3世代「Picasso」ファミリよりも優れたコンピューティングパフォーマンスを提供します。7nmプロセスノードは全体的な効率を高め、ノートブックやゲームなどのモビリティ製品に最適なオプションになります。
AMD第4世代Ryzen APU「Renoir」は、7nm Zen 2コアベース
AMDの第4世代Renoir APU(Ryzen)は、7nm Zen 2アーキテクチャに基づいており、Zen +コアアーキテクチャに基づいた第3世代Piccaso APUラインナップを継承します。7nm APUファミリには、Zen 2コア以外にも多くの新機能があり、現在の12nm Zen +パーツよりも非常に効率的であり、完全にNaviベースまたはハイブリッドVegaコアと最新の機能セットになります。3つの構成はTechPowerUPによって発見されました。彼らは投稿で、スコアに基づいて3つの構成が同じチップではなく異なる仕様を備えている可能性があることを明らかにしています。3つのチップはすべて、AMD Celadon-RNマザーボードでテストされました。これは、今後のチップの内部テストプラットフォームです。コア数と特定のモデル名は詳細に説明されていませんが、3DMark 11(パフォーマンスモード)で9月にエントリが作成されました。
最初の構成は、1.7 GHzのCPUクロック速度と1.5 GHzのGPUクロック速度を備えています。GPUメモリクロックはDDR4 2666 MHzです。この構成は、3DMark 11パフォーマンスベンチマークで合計3578ポイントを獲得しました。2番目の構成は、GPUクロックまたはメモリクロックをリストしませんが、1.8 GHzのより高いCPUクロック速度を持ちます。この構成は、同じベンチマークで合計3143ポイントを獲得。最終構成は、2.0 GHzのCPUクロック速度と1.1 GHzのグラフィッククロック速度を備えています。スコアは、わずか2374ポイントで他の2つの構成よりも低く、クロック速度が遅いことから明らかなローエンドのグラフィックSKUを示唆しています。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3)Zen (4)
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
High End Server (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBD
High End Desktop (TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 SeriesRyzen Threadripper 5000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBD
Mainstream Desktop (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series
Max Mainstream Cores / Threads436934369316/32TBDTBD
Budget APU (AM4)N/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso 14nm Zen+)Ryzen 4000 Series (Renior)Ryzen 5000 Series
Year20172018201920202021?

コードネームRenoirの第4世代ラインナップは、FP6(ノートブック)およびAM4(デスクトップ)プラットフォームでのサポートを備えています。現在のAMD RyzenノートブックのラインナップはFP5ソケットに基づいており、FP6は全く新しいソケットの変更であるため、Renoir世代のCPUの機能セットに劇的な変更が期待できます。FP6 Ryzen ‘Renoir’ APUの大きなリストがあり、最近リストされたものには以下が含まれます。
• AMD Ryzen 9 B12(45W)
• AMD Ryzen 7 B10(45W)
• AMD Ryzen 5 B8(45W)
• AMD Ryzen 9 PRO B12(15W)
• AMD Ryzen 7 PRO B10(15W)
• AMD Ryzen 5 PRO B8(15W)
• AMD Ryzen 3 PRO B6(15W)

その見た目から、AMDは第4世代Ryzenノートブックのラインアップを通常のコンシューマーとPROコンシューマーのバリエーションに分割します。通常の製品は、既存の35W TDPで、さらに45W TDPを備え、PROラインナップは15W TDPを備えています。ここで興味深いのは、AMDがIntelの45W Core i9パーツとの戦いを望んでいるため、AMDがノートパソコンにRyzen 9を搭載する計画していることです。Renoirが2020年に登場する時にIntelは、第11世代「10nm Tiger Lake」ラインナップが登場します。このあたり状況がどのように変化していくのか本当に興味深いものです。