Intel 14nm Rocket Lake 新アーキテクチャ採用?!

(Source:mydrivers)

Intelの14nmプロセスは2021年でも使用されます。これがRocket Lakeです。

Rocket Lakeのコア・スレッド数はComet Lakeとおなじ10コア/20スレッドにとどまります。この第11世代予定のRocket LakeはアーキテクチャがSkylakeからようやく進化する世代になります。次の世代のCPUアーキテクチャは「Willow Cove」です。前世代のSunny Coveは10nmプロセスのIce LakeとTiger Lakeに使われますが主に低消費電力向けのU series及びY seriesにとどまります。

注目すべきはRocket LakeそのものにはGPUは統合しない事です。もう少し正確説明すると、純粋なCPUコアのダイとGPUコアのダイをEMIBで接続する形になるものです。SKUに応じて14nmのGen 9.5 graphicsや、10nmのGen 12 graphicsを使用できる事が可能になります。

うまく考えたもので、Rocket LakeがCPUダイ+GPUダイであれば、統合されるGPUが14nmと10nmが混在するという情報とも合います。Gen 9.5 graphicsを統合した状態で10nmのGen 12 graphicsをEMIBで接続するよりダイ効率が上がります。フットプリントで不利になるものの、この頃にはIce Lakeの次のTiger Lakeの時代ですので、フットプリントがシビアな製品にはTiger Lakeをと考える事もできます。そしてデスクトップ向けの場合 i9や i7のような多コアの上位製品にはいっそのことGPUを接続しないという選択肢もAMD Ryzen同様に考えられます。GPUを統合しなければCPUコアのダイサイズも増やせますので、新アーキテクチャ「“Willow Cove」を14nmで製造することもできるものになります。