CPU

AMD ワークステーション向けNavi 14搭載カード

(Source:Phoronix)

AMD GPU Linux kernel DRM driverのパッチに新たなNavi 14の「workstation SKU」PCI IDが追加されました。ワークステーション向けとなるNavi 14は、2種類があるようです。追加されたPCI IDは「0x7341」と「0x7347」で詳細は不明です。Navi 14のワークステーション向けのRadeon Pro WX seriesとして登場するカードのようです。Naviでワークステーション向けモデルの話はこれまでになかったように思います。一方で、ゲーミング向けとProfessional向けでAMDのGPUが分けられる話があり、現行製品で言えばNavi 10とVega 20です。さらには、Professional向けとして追加されるのが「Arcturus」というものもあります。

PolarisとVegaでRadeon Pro WX x100 seriesが構成された後、Radeon Pro WX 8200とWX 3200が後から追加された事もあり、200番台が少ない状況。NaviやArcturusでラインナップを構成するなら、200番台を飛ばして300番台となるのか?

sTRX4 HEDTsWRX8 Workstation
ComputeTBD cores/threadsTBD cores/threads
512KB L2 Cache per core512KB L2 Cache per core
TBD L3 CacheTBD L3 Cache
Memory4-channel DDR4, ECC 3200MT/s8-channel DDR4, ECC 3200MT/s
UDIMMUDIMM, RDIMM, LRDIMM
2 DIMMs/channel1 DIMM/channel
256GB/channel capacity256GB/channel capacity
OC supportNo OC support
Integrated IO64 lanes of PCI Express Gen496-128 lanes PCIe 4
16 switchable lanes with SATA32 switchable to SATA
UART, USB, eSPI, SPI, LPC, I2CUART, USB, eSPI, SPI, LPC, I2C

関連記事

  1. Intel Meteor Lake-S が再びキャンセルか?!、Arr…

  2. Intel Raptor Lake CPUがデジタルリニア電圧レギュレ…

  3. AMD Ryzen 7 5700G Cezanne Zen 3デスクト…

  4. Intel CPU生産数は依然として需要に対応できず

  5. Intel Core i7-12800H Alder Lake-P C…

  6. AMD labo に、Zen2サンプル

  7. Computex 2020は9月28〜30日に予定変更

  8. Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ「Coffee …

  9. Intel Sapphire Rapids-XHEDTとRaptorL…

  10. AMD の第 2 世代 3D V-Cache テクノロジーは、最大 2…

  11. Intel Core i9-12900H 14コア/20スレッド Al…

  12. AMD Zen 3搭載の次世代Ryzen 4000「Vermeer」C…

PAGE TOP