Intel Key note Ice Lake、Lakefield…CES2019

IntelはCES 2019に先だってプレスカンファレンスを開催し、新しいCPUマイクロアーキテクチャである「Sunny Cove」とGen 11 graphicsを採用した10nm世代の「Ice Lake」を2019年のホリデーシーズンに出荷開始することを明らかにしました。

昨年末のArchitecture Dayで新CPUマイクロアーキテクチャとなる「Sunny Cove」が発表されました。「Sunny Cove」をCPUコアとして使用するSoCが「Ice Lake」です。「Sunny Cove」と第11世代Graphcis(Gen 11 graphics)を組み合わせたSoCが「Ice Lake-U」です。これがMobile向けに今年のホリデーシーズン(10月頃)に出荷開始されるというものです。製造プロセスは10nmで、この「Ice Lake-U」が実質的に最初の10nm製品になります。その「Ice Lake-U」の「4+2」のスペックがこちらです。

製造プロセス10nm
コア・スレッド数4/8
CPUSunny Cove
iGPUGen 11 graphics
iGPU Executon unitGT2 : 64 EU
MemoryLPDDR4X-3200?
メモリ帯域50~60Gbps
I/OThnderbolt 3 over type-C WiFi 6 (802.11ax) with CRF
Image Processing unit4th gen