VGA

AMD Radeon VIIは倍精度浮動小数点演算機能が無効化?!

ハイエンドコンシューマ向けグラフィックカードとして登場したRadeon VIIについてです。倍精度浮動小数点演算(FP64)機能が無効化されているそうです。一方、同じGPUコア―「Vega 20」を用いるエンタープライズ向けの製品であるRadeon Instinct MI60では同機能は有効なのだそうです。Radeon VIIの単精度浮動小数点演算(FP32)性能は13.8TFlopsです。もし、Radeon Instinct MI60と同様にRadeon VIIもFP64が有効であれば6.7TFlopsと予想されていました。しかし、Radeon VIIのFP64は860GFlopsに過ぎず、倍精度浮動小数点演算機能が無効化されていることになります。ゲーマー向けとして出す以上、FP64は不必要という判断のようです。本来持っていたFP64機能をゲーミング向けとして投入する際に無効とするのはAMDでもNVIDIAでもしばしば行っている方法なんです。そのため元々「Vega 20」が持っていたFP64機能がRadeon VIIでは無効化されているという事は何ら不思議な話でもない。

関連記事

  1. AMD Radeon RX 7900XTフラッグシップRDNA3グラフ…

  2. Intel Alder Lake 非KCPUは、ASUS B660マザ…

  3. NVIDIA GeForce RTX3090のレンダリングパフォーマン…

  4. NVIDIA GeForce RTX2060 未発表なのに、FFXVリ…

  5. NVIDIA GeForce RTX2080 RTX2080Ti ベン…

  6. NVIDIA GeForce RTX 4080 ファウンダーズ エディ…

  7. GeForce 11シリーズは、7月前後に販売開始?!

  8. AMD 2019年はこれまで以上のRadeonが登場する

  9. AMD Next-Gen Zen 4 RyzenCPUおよびRDNA3…

  10. NVIDIA GeForce RTX20xx Super 発表へ 販売…

  11. AMDは、Computex 2022 ハイパフォーマンスコンピューティ…

  12. Intel 最初のハイエンドXe-HPG GPU搭載ディスクリートゲー…

PAGE TOP