CPU

Computex2018 AMD Ryzen Threadripper 2000番台展示

Computex 2018でRyzen Threadripper 2000番台に対応するX299 Aorus Xtremeが展示された。
Ryzen Threadripper 2000番台は対応チップセットとSocketも従来のRyzen Threadripper 1000番台と同様でX399あるが、コア数が増加し、消費電力も伴って増加する。Ryzen Threadripper 2000番台は現在Ryzen CPU 2000 seriesで使われている「Zen+」をベースとするため、2ダイのままではどうやっても16コアが限界である。この為、コア数を増やすには無効化している残りの2ダイを有効とすることになる。仮に4ダイ全てを有効化した場合は32コアまでをラインナップが可能となります。

関連記事

  1. Intel Bartlett Lake-S デスクトップ CPU は、…

  2. AMD、最新の Ryzen CPU により、2023 年第 4 四半期…

  3. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  4. Intel、Thread Director 仮想化用の新しいパッチをリ…

  5. Faraday Partnersが18Aプロセスを搭載したSoC開発で…

  6. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU サンプルは…

  7. AMD、次世代 Zen 5 CPU を 2024 年下半期の発売に向け…

  8. Intel Bartlett Lake-SデスクトップCPUは、LGA…

  9. Intel Lunar Lake-MXモバイルチップはSamsungの…

PAGE TOP