Intel 独自GPU開発~2020年ラウンチか?

Intelは、2017年に数十年来のライバルであったAMDと協力し「KabyLake」CPUと「Radeon Vega」GPUを組み合わせた「KabyLake-G」を発表しました。「KabyLake-G」は高性能ノートPCやAIOデスクトップに投入されます。しかし、Intelは将来的には、AMDのRadeon IPに代わって、自社開発の単体GPUをCore G seriesに搭載するよう準備しているようです。AMDの「Radeon Technology Group」を率いていた「Raja Koduri氏」が、Intelに移籍した時から、独自の単体GPUを開発するという憶測は流れていた。そして今回、「Arctic Sound」と「Jupiter Sound」と呼ばれる2種類のGraphics IPのコードネームが現れ、「Arctic Sound」はGen12の、「Jupiter Sound」は、Gen13のグラフィックアーキテクチャをベースとした単体GPUのダイであるようです。そしてこれらの単体GPUのダイはEMIBによりIntel processorに接続されるとのこと。順調にいけばGen12のGPUが出てくるのは、「Ice Lake」の次の世代(「Tiger Lake」世代?)で、2020年頃と予想されます。この頃でありましたら、「Raja Koduri氏」が主導して開発したチップが出てきても良い頃になります。