CPU

Intel、第 14 世代と第 13 世代 CPU の不安定性に関する公式声明

Intel は、第14世代と第13世代のCPUの不安定性の問題について、BIOS で「デフォルト設定」を使用する方がよいという公式声明を出しました。

Intelが、マザーボードメーカーの「ベースライン デフォルト」プロファイルを使用せず「Intel デフォルト設定」が第14世代と第13世代の不安定性の問題解決策と公表

第14世代と第13世代の CPU の不安定性の問題が技術メディアの注目を集めてから数か月が経ち、現在、Intel がようやく公式声明を発表しました。これは、問題を軽減するために独自の BIOS プロファイルをすでに展開しているマザーボード メーカーにとって、完全に方向転換となるようです。

HardwareLuxxに提供された公式声明では、マザーボード メーカーは問題を解消するために独自の「Intel ベースライン プロファイル」または「ベースライン デフォルト」BIOS プロファイルを展開しているが、これは最善の選択ではないと述べられています。これらのプロファイルは、同社がベースライン デフォルト プロファイルよりも使用することを推奨している「Intel デフォルト設定」と同じではありません。理由は非常に単純で、古いベースライン デフォルト プロファイルは、Intel がパートナーに提供した古い電力供給ガイダンスに基づいており、古いプロファイルでは安定性が確保されないことがわかっているため、Intel はマザーボード パートナーに BIOS で実装できる新しい推奨事項を提供しました。

いくつかのマザーボード製造元は、「Intel ベースライン プロファイル」というラベルの付いた BIOS プロファイルをリリースしています。ただし、これらの BIOS プロファイルは、第13世代と第14世代の K SKU プロセッサで報告された不安定性の問題に関して Intel が最近パートナーと共有した「Intel デフォルト設定」の推奨事項と同じではありません。

これらの「Intel ベースライン プロファイル」BIOS 設定は、マザーボードの機能に基づいて第13世代、第14世代 K SKU プロセッサのさまざまな電力供給オプションを説明したIntel が以前にメーカーに提供した電力供給ガイダンスに基づいているようです。

Intel は、より高い値に対応できるボードで「ベースライン」電力供給設定を使用することをマザーボード製造元に推奨していません。

Intel が推奨する「Intel デフォルト設定」は、熱および電力供給機能と、マザーボードの機能に基づいて選択可能な電力供給プロファイルを組み合わせたものです。

Intel では、以下の表に示すように、各マザーボード設計と互換性のある最高の電力供給プロファイルを実装することをお客様に推奨しています。

Image Source: HardwareLuxx

Intel はまた、マザーボード メーカーに対し、Z790 や Z690 シリーズなどのハイエンド マザーボードで「ベースライン デフォルト」プロファイルを使用しないよう求めています。これにより、最大限の安定性を確保するにはデフォルトの制限に設定する必要があるため、追加の OC やチューニング機能はほとんど使用できず、ハイエンド マザーボードを購入する必要性がほぼなくなります。数日前、ハイエンド マザーボードを使用している PC ユーザーは、主流の「H」または「B」シリーズの製品よりも、ハイエンドの「Z」シリーズのマザーボードを使用する際に問題に遭遇する可能性が高いことを報告しました。これは、マザーボードメーカーが既存の「ベースライン デフォルト」プロファイルをロールバックし、それぞれのマザーボード用に新しい「Intel デフォルト」BIOS をリリースする必要があることを意味します。これまでのところ、ASUS、Gigabyte、ASRock、MSI、Biostarはすべて新しい BIOS プロファイルをリリースしており、 Intel のベースライン ガイダンスに従っているのは Biostar だけである可能性があります。

Intel は、これらのプロファイルが第14世代、第13世代 CPU の安定性を確保するために必要なすべてであるかどうかをまだ明確にしていませんが、私自身の回避策に基づくと、これが唯一の公式修正である可能性があると思います。

https://twitter.com/unikoshardware/status/1788155426997207318?

安定性を確保するには、CPU の電力制限を低く設定する必要があり、その結果、パフォーマンスが大幅に低下し、AMD の Ryzen ラインナップに対する競争力が低下します。したがって、安定性のためにパフォーマンスを犠牲にするか否かは、完全にあなた次第ということです。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Ryzen 4000「Renoir」8コア、Ryzen 7 4…

  2. AMD X590チップセットについて

  3. BenQ RL2455S をドスパラ専売で発売

  4. AMD Ryzen 7000 Zen 4 CPUが予想より早く登場、噂…

  5. Intelは、2023年に発売予定の第14世代 Meteor Lake…

  6. パソコン工房 NVIDIA Quadro P4000 とAMD Ryz…

  7. パソコン工房 NVIDIA® GeForce® GTX 1070 とイ…

  8. ntel 第 14 世代 Core i9-14900K および Cor…

  9. Samsung は主要なデータセンター顧客から 4nm の注文を受ける…

  10. Intel Core i5-13400 CPUは、i5-12600Kと…

  11. Intel Core i9-11900KおよびCorei7-11700…

  12. パソコン工房 AMD フェスティバル STAGE4

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP