GPU

NVIDIA は AI 市場の激しい競争に対してハードウェアとソフトウェアの両面から対応

NVIDIA はついに AI 分野における厳しい競争を認め、AI は「史上最大の計算問題」であると主張した。

AMD と Intel の市場における最新の進歩は NVIDIA にとって警戒すべき状況を引き起こしているが、グリーン チームはハードウェア領域だけでなく、さらに強力な製品で反撃する準備完了

NVIDIA は AI 分野に深く関わっており、同社のハードウェア ポートフォリオだけでなく、顧客に提供しているソフトウェア エコシステムにおいても、多くの企業が追随すべきベンチマークとなっています。

NVIDIA は、AI 市場における独占状態を今後も維持するのは容易ではないことに気づき始めているようだ。同社の応用ディープラーニング研究担当副社長、ブライアン・カタンザーロ氏は、競争は「激しく、さらに激しくなっている」と同社が見ていると明らかにしており、この分野でチームグリーンが簡単にリードできるわけではないことを示している。

この声明は、NVIDIA がパニックに陥っていることを意味するものではなく、同社が競合他社の取り組みを認めたのは今回が初めてではない。AI 分野以外では、NVIDIA が AMD の Radeon GPU 部門についてコメントし、同社が依然として主要な競合相手であり、レッドチームが彼らと競争するのを見るのが楽しみだと述べているのを目にしたことがある。

それでも、同社が今後、特に優れた市場製品群を提供するという点、つまり受注供給でリードするか、競争力のある価格性能比を提供するかという点において、より慎重になる必要があるかもしれないことは確かだ。ブライアンが強調したもう 1 つの興味深い事実は、NVIDIA の歩みと、主にハードウェア中心の企業からソフトウェア中心の企業への移行に関する一般的な誤解である。強力なハードウェアを持っていても、それを活用できるソフトウェア機能がなければ意味がなく、NVIDIA は、最近報告された Tensor RT などのソフトウェア最適化を通じて、チップから多くの電力を引き出してきた実績がある。

NVIDIA の Hopper や、近日発売予定の Blackwell GPU などの製品は、それぞれの仕様について言えばハイエンドに思えるかもしれませんが、そのようなコンピューティング能力を管理するには、ハードウェアの能力を活用できる程度に最適化された堅牢なソフトウェア エコシステムが必要です。

これを実現するには、NVIDIA の CUDA が役立ちます。CUDA が最高のソリューションの 1 つであることに例外はありません。CUDA は、ソリューションでしのぎを削っているIntel や AMD などの企業との厳しい競争に直面しています。そのため、ブライアンは、NVIDIA は AI コンピューティングとそのソフトウェアへの依存に関連する、史上最大の計算問題に取り組んでいると語っています。

NVIDIA の現在の市場ポジションは確立されているようだ。しかし、競合他社、特に AMD のInstinct MI300Xや Intel の最新の Gaudi-3 アクセラレータの展開を考えると、その地位が崩れる可能性はある。今後数か月で NVIDIA が市場を席巻すると見られるが、AI ブームはまだ初期段階にあるため、状況は異なる展開になる可能性もあり、今のところは謎のままです。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. NVIDIA は次世代 GPU を Intel に切り替える可能性があ…

  2. NVIDIA GTC 2024、CEO Jensen Huang氏の基…

  3. NVIDIA CEO が日本の首相と会談、AI GPU の供給拡大に取…

  4. NVIDIA Hopper H100 GPUが世界最速の4nm GPU…

  5. NVIDIA は進行中の AI 戦争にMeta の主任研究員が武器を供…

  6. AI GPU の需要が高まるにつれて NVIDIA の株価が急上昇、A…

  7. 世界のスーパーコンピューターTop500のリストでは、AMDが121台…

  8. NVIDIA、最先端の量子スーパーコンピューター ABCI-Q で日本…

  9. NVIDIA AI GPUの需要が爆発的になりチップ価格は40%上昇し…

  10. NVIDIA が Blackwell GPU を数百万個出荷、TSMC…

  11. NVIDIA の次世代 DGX AI システムには液体冷却が搭載される…

  12. Intelの次世代 Falcon Shores GPU は最大 150…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP