CPU

Intel 15th Arrow Lake CPU は最大40コア、2nm (20A)プロセスでFoveros 3Dスタッキングを搭載?!

Intel の第 15 世代 Arrow Lake CPU に関する新しい (疑惑の) 詳細が明らかになりました。まず、Meteor Lake が廃止されたため、第 14 世代デスクトップ ファミリはRaptor Lake-S Refreshのみで構成されるようです。さらに、Arrow Lake は、最大 40 個のコアを備え、単一のパフォーマンスが 30% 以上向上する第 15 世代コア ファミリを形成します。

また、RedGamingTech と Raichu によると、Arrow Lake は既存の設計の 8P+16E コア構成を維持するとのことです。

Intel 15th Arrow Lake CPU は最大40コア、2nm (20A)プロセスでFoveros 3Dスタッキングを搭載?!

Arrow Lake は、裏面電源供給および Nanoribbon (GAA) トランジスタを備えたIntel 20A (2nm)プロセスで製造されます。複数の情報源 ( MLID、Creature )によると、第 15 世代 Arrow Lake プロセッサは、8P コアと 32E コアを含む最大40 個のコアを搭載する予定です。パフォーマンス コアは Lion Cove マイクロアーキテクチャにアップグレードされ、効率コアは Skymont コア アーキテクチャを活用します。Arrow Lake-Sは2024年の最後の数カ月に登場する予定で、iGPUタイルにはTSMCの3nmノードを活用する見込みです。

Meteor Lake モバイル プロセッサと同様に、Arrow Lake-S デスクトップ チップは、コンピューティングまたは CPU、グラフィックス、SoC、および I/O の 4 つのタイルを備えたチップレット設計を特徴としています。後者の 2 つは、TSMC の 5nm または 6nm クラスのノードを利用する可能性があります。

パフォーマンスに関しては、まだ明確な数字はありません。ただし、推測するなら、大規模な E コア クラスターによる大規模なマルチスレッドの向上と並行して、シングル コアの 30 ~ 35% の向上(IPC の 15 ~ 20% の向上) が保証されると思います。iGPU は、GTX 1050、1050 Ti、さらには 1650 などの現代のローエンド dGPU と同等のゲーム パフォーマンスを備えた第 2 世代 Xe-HPC グラフィックス アーキテクチャも備えています。

(Source:hardwaretimes)

関連記事

  1. Intel Bartlett Lake-S デスクトップ CPU は、…

  2. AMD、最新の Ryzen CPU により、2023 年第 4 四半期…

  3. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  4. Intel、Thread Director 仮想化用の新しいパッチをリ…

  5. Faraday Partnersが18Aプロセスを搭載したSoC開発で…

  6. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU サンプルは…

  7. AMD、次世代 Zen 5 CPU を 2024 年下半期の発売に向け…

  8. Intel Bartlett Lake-SデスクトップCPUは、LGA…

  9. Intel Lunar Lake-MXモバイルチップはSamsungの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP