NVIDIAは、過剰なGA10 GPU在庫処分のために、GeForce RTX 3080 12GBの2回目の生産を開始?!

NVIDIAは、 GA102 GPUの在庫が余っているため、 GeForce RTX 3080 12 GB グラフィックス カードの生産再開を検討している可能性があります。同じカードの生産は数か月前に終了しています。

NVIDIA は、余分な GA102 GPU 在庫を取り除くために、GeForce RTX 3080 12GB グラフィックス カードの製造を再開する可能性がある

NVIDIA GeForce RTX 3080 12 GB グラフィックス カードは、今年 1 月にリリースされました。このカードは、GA102 GPU のリフレッシュであり、同社の 10GB モデルからの設計のアップグレードです。また、GeForce RTX 3090 シリーズはしばらくの間、高価であったため、同社はそのモデルをより手頃な価格のものに置き換える必要がありました。

NVIDIAは、GeForce RTX 30 シリーズを使用して、要求の厳しい消費者よりも多くのカードが存在するようになるまで、在庫の増加問題を積極的に修正する必要があると報告しました。Twitter リーカーの MEGAsizeGPU は、数日前に NVIDIA が GeForce RTX 3080 12 GB の製造を再開したとツイートしました。これは、まだ倉庫に GA102 GPU の大量の在庫があるためです。

NVIDIA GA102 GPU は現在、RTX 3080 10 GB、RTX 3080 12 GB、RTX 3080 Ti 12 GB、RTX 3090 24 GB、RTX 3090 Ti 24 GB などのさまざまなグラフィックス カードに対応しています。古いカードを更新して新しいグラフィックス カードを作成することは、NVIDIA にとって目新しいことではありません。以前は、同社はプレミアム グラフィックス カードを採用し、部品やデザインを再利用して、より費用対効果の高い消費者向け価格設定を行ってきました。NVIDIA の積極的な戦略は、その設計に悪影響を及ぼし会社の利益が減少する可能性がありますが、新しい世代のカードのリリースとそこからもたらされる新しい販売により、毎回回復してきています。

GeForce RTX 3080 12 GB は、70 個の SM ユニットを有効にし、8960 個の CUDA コアを提供します。CUDA コアに加えて、NVIDIA の GeForce RTX 3080 には、次世代の RT (レイ トレーシング) コア、Tensor コア、および真新しい SM またはストリーミング マルチプロセッサ ユニットも搭載されています。カードの TDP は 350W、ベースクロックは 1260 MHz、ブーストクロックは 1710 MHz です。Micron の最近のグラフィックス メモリ ダイにより、RTX 3080 は 19.0 Gbps の GDDR6X メモリ速度を実現できます。384 ビットのバス インターフェイスに加えて、累積帯域幅が 912 GB/秒、つまり 10 GB製品より 20% 増加します。

同社が既存のハイエンド ラインアップの値下げを提案したことを考えると、現在市場に参入している NVIDIA GeForce RTX 3080 12 GB モデルは、古い MSRPで価格設定されない可能性があります。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)