AMD 次世代 Radeon RX7000シリーズ’ Navi31、32、33 GPUがリーク

AMD Navi 31、32、および33 GPU製品の新しいリストが複数のソースからリークされており、AMDが次世代Radeonグラフィックスカードの仕様を示しています。この情報は確認されたものではなく、ほぼ確実に噂レベルのものですが、過去にかなり信頼できる情報源からのものであります。

AMDは、今後のゲーム市場に革命を起こすであろうMCMベースのRDNA 3次世代 Radeon RX7000シリーズGPUの仕様

Navi 31は、ほぼ5か月前にテープアウトされ、最近、開発者の変更ログで発見されました。これは、今年後半の発売が予定されていることを示しています。これは、MCM哲学(Zenをそのような切り札にしたのと同じ哲学)に基づいて構築されたAMDの最初のGPUであり、GPU業界にとって誰もが認めるゲームチェンジャーになります。先に進む前に、Kepler(過去にかなり信頼できることが証明されているソース)によってリークされたSKUのリストを次に示します。

ご覧のとおり、上位のAMD Navi 31 MCM GPUは60 RDNAワークグループから48に削減され、CUは120から96に削減され15360から12288ストリームプロセッサに削減されました。これは本質的に、Radeon RX7900XT(またはAMDが最終的に呼び出すもの)を意味します。これには複数の理由が考えられますが、最も可能性の高い理由は歩留まりです。製品の最終仕様を減らすほど、歩留まりのために捨てる(ビン)ダイが少なくなります。

同様に、Navi 32は40のRadeonワークグループから32に削減され、CUは80から64に削減されました。これにより、ストリームプロセッサが10240から8192に削減されます。このGPUは、今後のRadeon RX7700XT GPUに搭載される予定です。

最後になりましたが、AMDのNavi 33 GPU(実際にはMCM GPUではありません)が20のRadeonワークグループから16に削減され、CUが40から32に削減されました。これにより、AMDのメインストリームGPUのストリームプロセッサが4096に削減されます。これは、Radeon RX7600XT GPUシリーズ(またはAMDがそれと呼ぶことにしたもの)で紹介されます。

KeplerによるNavi30シリーズのダイの可能なセグメンテーションリストは次のとおりです。

https://twitter.com/Kepler_L2/status/1521092231997890563

これが問題です。AMDのRDNA3シリーズはゲームチェンジャーとなり、おそらくMCMデザインを市場に投入する最初の製品となるでしょう。最大92 TFLOPSのパフォーマンス数値を期待するように言われています。ただし、3GHzのクロックレートを想定すると、Navi 31のフラッグシップは約73 TFLOPの単精度計算を出力します。92 TFLOPsの数値が正しいと仮定すると、カードは3.74 GHzに近いクロックで動作する可能性があります。これは、GPUにとっては狂気です。

Greymon55は、パフォーマンスの目標は同じままで「さらに高くなる可能性がある」と予想しているため、状況が明確になるまで結論に達することはありません。一方、NVIDIAの次期Ada Lovelace GPUは、100 TFLOPの大容量の電力を出力する準備をしていると噂されているため、GPU戦争がさらに沸騰する事になりそうです。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)