Gigabyteは、同社の最初のPCIeGen5互換電源が混乱している事を明らかにする

Gigabyteは、最新のUDM 1000GM PG5を発表しました。これは、80以上のゴールド効率認証を取得した1000W電源ユニット(PSU)です。Gigabyteの最新のPSUは、完全なモジュラー接続を提供するほとんどの競合他社の電源よりも統合されています。Gigabyteには次世代PCIe Gen5コネクタも含まれており、PSUの新しい標準となり、最新のグラフィックカードで動作します。

Gigabyte UD 1000GM PG5は、同社が設計した最初のPCIe Gen5互換電源

PCIe 5.0は次世代の電源規格であり、前世代のPCIe4.0規格に準拠しています。帯域幅と転送速度はPCIe4.0の2倍の速度であり、データを非常に高速で送信できます。PCIe 5.0は、32 GT/sおよび最大3.94GB/sの転送速度を提供します。この仕様は、正式には「12V HPWR」仕様と呼ばれています。新しいPCIe規格は、文書化の方法を理解していないため、メーカーの市場で混乱を招いています。


Gigabyteは、自社だけでなくユーザーも困惑させているメーカーの1つです。たとえば、新しいUD 1000GM PG5は、次世代のケーブルとコネクタに最大4つの異なる用語を使用しています。

  • PCIe Gen5 cable
  • 12+4-pin cable
  • 16-pin cable
  • 12V HPWR

Gigabyteは、製品ページで4つの名前すべてとこの説明を使用することで、顧客をさらに混乱させます。

電源自体は、既存モデルの新しいバリエーションです。新しいバージョンでは、2つの8ピン電源コネクタが1本の12 +4ピンケーブルに置き換えられています。

Source: Gigabyte.

これらはすべてテクノロジーにとって正しいものですが、ユーザーがGigabyteから最新の電源アーキテクチャを購入しようとした際に、多くの名前を追加している事で複雑になります。

VideoCardzは、電源ケーブルの種類に関しては、すでに6ピン、6 + 2ピン、8ピン、および12ピンがあると述べています。12ピンからの次世代は、採用された16ピンケーブル接続です。16ピンケーブルには16本の接続ピンがありますが、12本の主電源コネクタと4本のデータケーブルが混在しています。ケーブルと接続はPCI Express規格に準拠しており、リンクにセキュリティが追加されているため、最大600Wの消費電力レベルが可能です。

UD1000GM PG5 compared to UD1000GM. Source: Gigabyte.

Gigabyteは、新しいUDM 1000GM PG5電源ユニットの発売日または推定価格をまだ明らかにしていません。ただし、PCIe Gen5接続を利用するNVIDIA GeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカードが登場する中、ASUS、MSI、CoolerMasterなどのメーカーはすでに次世代向けの電源のバージョンを導入しています。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)