Intel Core i5-12400F CPUは、AMD Ryzen 5 5600X CPUのパフォーマンスを半分のコストで提供

(Source:wccftech)

フランスのテクノロジーWebサイトであるComptoirHardwareは、最近、6つのコアと6つのスレッドを提供するKシリーズ以外のIntel CPU、つまりIntel Corei5-12400Fに関する情報をリークしました。これはミッドレンジCPUである、消費電力65WのCPUで基本周波数電力(PL1)を提供しますが、来年の初めまで発売される予定はありません。基本周波数電力は、TDPを置き換えるためにIntelが作成した新しい用語です。

VideoCardzは、テクノロジー企業MSIによって完成された情報で、このリークをフォローアップしました。MSIは、Intel i5-12400Fは、「6つのGolden Cove / Performanceコアのみが存在し、Gracemont / Atom / Efficientコアがまったく存在しない新しい小型のダイ」を使用すると述べています。彼らは読者に「CPU-Z、Cinebench、全体的なゲーム、および消費電力の数値」を提供しましたが、CPUの完全なレビューについてはComptoirHardwareをチェックすることも述べています。

CPUは、発売日前に広範囲にテストされた非K CPUモデルの最初のものであり、「QYHXのS-Specコード」を備えたES(エンジニアリングサンプル)バージョンであるようです。VideoCardzは、CPUが「プレリリース認定サンプル」であると推測されていると述べています。これは、パフォーマンスが現在の状態の最終バージョンに非常に似ていることを示しています。

Comptoir Hardwareからリークされた情報によると、テストに使用されたマザーボードは、電力制限のために特に117Wに設定され、DDR5 RAMとAMD Radeon RX6900XT GPUを備えたMicrosoft Windows11環境でテストされました。117Wの値は、PL2(Maximum Turbo Power)レベルか、レビューされたサンプルの特定の機能のいずれかである可能性があると推測されます。テストされたCPUの実際の周波数も不明です。

サンプルの周波数は、800 MHz(低くなることはありません)から4.4 GHzまで、1コアで観測されています。タウ(CPUがPL2状態を維持できる期間)に達した後、周波数は3.4GHzに低下しました。-VideoCardz

Intel Core i5-12400Fは、6コア/12スレッドを搭載しているAMDのRyzen 5 5600Xに対して、競争力を示しています。2つのCPUの最大の違いは、IntelのバージョンがAMDバージョンよりも低コストで販売される可能性があることです。というのもIntelのRocket Lake-Sは約157ドルで、AMD Ryzen 5 5600Xの半分近くのコストで販売されているという事実からです。ゲーム中にテストすると、両方のCPUが同様なスコアを示す動作します。異なる最大の要因は2つのCPUの消費電力のみでした。