Intelの次世代HEDTSapphire RapidsCPUがW790プラットフォームで第13世代RaptorLake CPUと並んで2022年第3四半期に発売されると噂

(Source:wccftech)

Intelの次世代Sapphire Rapids HEDTとRaptor LakeのメインストリームデスクトップCPUに関する噂がWebに流れています。LGA1700ソケットとZ690 PCHの写真を投稿したのと同じ中国のリーカーであるBilibiliに投稿され、今後のIntelデスクトップラインナップの詳細が明らかになりました。

Intel Sapphire Rapids HEDTとRaptor LakeのメインストリームデスクトップCPUが2022年第3四半期に発売されると噂されています

リーカーは、Sapphire RapidsとRaptor Lakeプロセッサについて話すだけでなく、IntelのAlder Lakeラインナップの詳細な仕様(主にクロック速度)についても言及しています。

Intel第12世代AlderLakeデスクトップCPUファミリ

リーカーが正確なPコアクロック速度に言及しているという事実を除いて、Alder LakeデスクトップCPUに関して目新しいことはあまりありません。Intel Core i9-12900Kは3.20GHzベースおよび5.20GHzブースト(TB 3.0)で動作し、Core i7-12700Kは3.60GHzベースおよび5.0GHzブースト(TB 3.0)で動作し、Core i5-12600Kは3.70で動作します。 GHzベースおよび4.90GHzブースト(TB 2.0)ブースト。

リーカーは、Core i9およびCore i7 CPUの非Kバージョンが100MHz低いブーストクロックで動作すると述べています。また、次世代のCore i3シリーズは、Rocket Lakeのリフレッシュではなく、Golden Coveコアアーキテクチャに基づいていると述べられています。iGPUはXeグラフィックスを備えた最新のUHD770シリーズであり、プロセッサはDDR5-4800およびDDR4-3200メモリのサポートを備えています。また、Intelは、H670、B660、H610などのエントリーレベルのチップセットのリリースを年末まで進めることを計画しているようですが、計画そのものが実行されるものかまだわかりません。

Intel 12th Gen Alder Lake Desktop CPU Specs Rumored

CPU NameP-Core CountE-Core CountTotal Core / ThreadP-Core Base / Boost (Max)P-Core Boost (All-Core)E-Core Base / BoostE-Core Boost (All-Core)CacheTDP (PL1)TDP (PL2)Price
Intel Core i9-12900K8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz (All Core)TBA / 3.9 GHz3.7 GHz (All Core)30 MB125W228W$599 US
Core i9-129008816 / 24TBA / 5.3 GHz5.0 GHz (All Core)TBA / 3.9 GHz3.7 GHz (All Core)20 MB65W~200W$509 US
Intel Core i7-12700K8412/203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz (All Core)TBA / 3.8 GHz3.6 GHz (All Core)25 MB125W228W$429 US
Core i7-127008412/20TBA / 5.0 GHz4.7 GHz (All Core)TBA / 3.8 GHz3.6 GHz (All Core)25 MB65W~200W$359 US
Intel Core i5-12600K6410/163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz (All Core)TBA / 3.6 GHz3.4 GHz (All Core)20 MB125W228W$279 US
Core i5-12600606/12TBATBATBATBA18 MB65W~200W$249 US
Core i5-12400606/12TBATBATBATBA18 MB65W~200W$203 US

Intel Sapphire Rapids HEDTデスクトップCPUファミリ

今回の本題に戻ります。IntelのSapphire Rapids HEDTラインナップはW790プラットフォームで発売されると言われています。X699チップセットの最近のドライバーリストがありましたが、リーカーが偽物であると主張しているので、それはプレースホルダーであるようです。W790チップセットは、AMDのThreadripper Proポジショニングと同様に、Sapphire Rapids HEDT CPUファミリがプロシューマー市場を対象としているように見えます。重要なのは、ラインナップが第13世代Raptor Lake CPUと同時期の2022年第3四半期にデビューする予定であるということです。

IntelのXeonベースのSapphire Rapids-SPチップは、最大56コアとLGA4677ソケット互換性を備えていると予想されます。IntelがHEDT /ワークステーションプラットフォームに同じソケットとSKU範囲を接続する必要がない限り、Sapphire Rapidsワークステーション「W」とHEDT「X」チップは異なるソケットとコア数の削減を取得する可能性があります。Intelは、AMD ThreadripperによってHEDTおよびワークステーションセグメントで数年前からかなりひどく荒らされているため、後者のルートを選択するように思われます。

Sapphire Rapids CPU用の10nm Enhanced SuperFinアーキテクチャ、64 PCIe 5.0レーンのサポート、8チャネルDDR5メモリ、プロシューマーや愛好家を対象とした多くの新しい拡張機能などの新しいテクノロジーが期待できます。

Intel HEDT Processor Families

Intel HEDT FamilySapphire Rapids-X?Cascade Lake-XSkylake-XSkylake-XSkylake-XBroadwell-EHaswell-EIvy Bridge-ESandy Bridge-EGulftown
Process Node10nm ESF14nm++14nm+14nm+14nm+14nm22nm22nm32nm32nm
Flagship SKUTBACore i9-10980XEXeon W-3175XCore i9-9980XECore i9-7980XECore i7-6950XCore i7-5960XCore i7-4960XCore i7-3960XCore i7-980X
Max Cores/Threads56/112?18/3628/5618/3618/3610/208/166/126/126/12
Clock SpeedsTBA3.00 / 4.80 GHz3.10/4.30 GHz3.00/4.50 GHz2.60/4.20 GHz3.00/3.50 GHz3.00/3.50 GHz3.60/4.00 GHz3.30/3.90 GHz3.33/3,60 GHz
Max CacheTBA24.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L324.75 MB L325 MB L320 MB L315 MB L315 MB L312 MB L3
Max PCI-Express Lanes (CPU)64 Gen5?44 Gen344 Gen344 Gen344 Gen340 Gen340 Gen340 Gen340 Gen232 Gen2
Chipset CompatiblityC790?X299C612EX299X299X99 ChipsetX99 ChipsetX79 ChipsetX79 ChipsetX58 Chipset
Socket CompatiblityLGA 4677?LGA 2066LGA 3647LGA 2066LGA 2066LGA 2011-3LGA 2011-3LGA 2011LGA 2011LGA 1366
Memory CompatiblityDDR5-4800?DDR4-2933DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2400DDR4-2133DDR3-1866DDR3-1600DDR3-1066
Max TDPTBA165W255W165W165W140W140W130W130W130W
LaunchQ2 2022?Q4 2019Q4 2018Q4 2018Q3 2017Q2 2016Q3 2014Q3 2013Q4 2011Q1 2010
Launch PriceTBA$979 US~$4000 US$1979 US$1999 US$1700 US$1059 US$999 US$999 US$999 US