AMDはデスクトップCPUとGPUよりもサーバーとノートブックのCPUを優先

(Source:wccftech)

AMDは、パーソナルコンピュータとサーバーの市場シェアに重点を置いて、過去数年間でプラスの経済成長を示してきました。実際、AMDは、サーバー市場の全体的な市場シェアの10%を超えています。特に、最初はサーバー市場の地図に載っていなかった場合はなおさらです。同社はまた、RyzenシリーズでライバルのIntelよりもデスクトッププロセッサが増加していることを確認しています。

AMDはデスクトップCPUとGPUよりもサーバーとノートブックのCPUに最優先事項として焦点を当てる

AMDは、2020年にRenoirをリリースし、2021年にCézanneをリリースしてモバイルプロセッサを再導入しました。同社は現在、2022年初頭にRembrandtをリリースすることを計画しています。

今年のドイツ銀行テクノロジーサミットで、AMDCFOのDevinder Kumarは、今後数年間の同社のビジョンについて話しました。議論の中で、彼はAMDがサーバーとモバイルデスクトップの両方に焦点を合わせるように設定されていると叫んだ。AMDのEpyc-SPは、モバイル市場シェアに焦点を当てるとともに、今後数年間でさらに普及すると推測されています。

私たちの最優先事項は収益分配を確保することです。そのため、サーバー製品とモバイルプロセッサを最初に、次にハイエンドデスクトップ製品を使用するという、製品の観点からの順次戦略があります。
— AMD CFO、Devinder Kumar

モビリティとリモートワークのためのノートブックの必要性の高まり、およびサーバー機能の必要性の高まりにより、AMDがGPUとデスクトップシステムから焦点を切り替えたことは不思議ではありません。

最近、AMDのRembrandtシリーズが2022年の前半を中心に大規模に生産を開始したという情報がリークしました。今後のRembrandtシリーズは、Ryzen 5000 Cezanneシリーに続く次世代であり、GPU(RDNA)アーキテクチャに大きな変更が加えられています。

また、AMDは、AMDのZen3プロセッサで計画されたものと同様に、デスクトップおよびカスタマイズ可能なコンピュータ市場にあまり焦点を当てないと推測されています。ただし、Intelは、今年の終わりに向けてAlder Lakeシリーズをリリースすることで、デスクトップ市場を支配することができます。AMDはまた、消費者だけでなく、L3 V-Cacheを備えたサーバーレベルの市場に焦点を当て、現在市場に出回っている量を2倍にするZen 3Dの発売を計画しています。Zen 3Dチップセットの焦点は、2020年以降に市場が変化したことを考えると、理想的にはゲームに向けられます。

Big 3(AMD、Intel、およびNVIDIA)は、次の世代のコンピュータとハードウェアに5nmノードを供給するためにTSMCに依存しているため、市場はすべてのカテゴリで最大の市場シェアを獲得するために3つ巴の戦いを見る事になるでしょう。