NVIDIA、GeForceRTX 30SUPER「AmpereRefresh」を2022年1月に、GeForce RTX40「AdaLovelace」GPUを2022年10月に発売

(Source:wccftech)

NVIDIAの次世代GeForce RTX 30SUPER「Ampere Refresh」およびGeForce RTX 40「Ada Lovelace」グラフィックスカードに関するまったく新しい噂が、リーカーのGreymon55やRed Gaming Techによって投稿されました。噂によると、NVIDIAは2022年に2つの新しいGeForceグラフィックカードのラインナップを発売する予定です。

NVIDIA GeForce RTX 30 SUPER Ampere Refresh&GeForce RTX 40 Ada Lovelace 2022年に発売という噂

以前の噂では、NVIDIAのGeForce RTX 30 SUPER Ampere Refreshの2022年初頭の発売と、次世代のGeForce RTX40「Ada Lovelace」グラフィックスカードの2022年後半の発売についてすでに述べていました。現在、両方のリーカーは、GeForce RTX 30 SUPERグラフィックスカードのラインナップは確かに来年初めに発売される予定であり、GeForce RTX40シリーズに搭載されるAda Lovelace GPUは2022年10月に店頭に並ぶと述べています。

NVIDIA GeForce RTX 30SUPER「Ampere Refresh」グラフィックスファミリー

NVIDIA GeForce RTX 30 SUPER Refreshは、ソースが今四半期に生産を開始した「Ampere Phase2」の一部になります。GPUは、今年および昨年入手したAmpere SKUとは異なり、暗号マイニングアルゴリズムでハードウェアレベルのブロックを維持するとともに、設計の最適化に重点を置きます。それとは別に、NVIDIAは、パフォーマンスを向上させるために、レガシーノードGPU(Samsung 8nm)をより高いVRAM容量を備えたより広いバスインターフェイスに接続することを利用することが期待されています。

ラインナップはGA103GPUの導入が見込まれており、見た目からはデスクトップとラップトップの両方に向けられます。GeForce RTX 30 SUPERファミリはCES2022で発表され、Intelの第12世代Alder LakeとAMDのRembrandt CPUベースのゲーミングノートブック/ラップトップをベースにしたいくつかの新しいラップトップに搭載される可能性があります。ただし、NVIDIAが同じ年内に次世代グラフィックスラインナップを発売すると噂されているため、GeForce RTX 30 SUPERラインナップは短命です(少なくとも8〜9か月の差)。

NVIDIA GeForce RTX40次世代のAda Lovelaceグラフィックスファミリー

再びGreymon55によると、NVIDIAは2022年10月にAda Lovelace GPUアーキテクチャに基づくGeForce RTX 40シリーズグラフィックスカードのラインナップを発表する予定です。これは、GeForce RTX 30 SUPERラインナップから1年後、少なくとも9か月後のことです。NVIDIAは、GeForce RTX 20 SUPERグラフィックカードの更新からほぼ1年後にGeForce RTX 30シリーズファミリを発売したことを忘れないでください。最初の製品はディスクリートグラフィックスカードセグメントを対象としているため、同社が来年初めに中間のAmpereリフレッシュを導入し、CES2023で新しいモビリティGPUを導入することは完全に理にかなっています。

NVIDIA GeForce RTX40シリーズの「Ada Lovelace」GPUは、2022年半ばに大量生産されると噂されているため、適切な小売りを開始するのに十分な在庫を構築するために少なくとも3〜4か月の時間が与えられます。

NVIDIA Ada Lovelace GPUは、AMDのRDNA3ベースのRadeon RX7000シリーズグラフィックスカードと正面から連携する次世代のGeForceRTX40グラフィックスカードに電力を供給します。NVIDIAによるMCMの使用に関してはまだいくつかの憶測があります。Hopper GPUは、主にデータセンターとAIセグメントを対象としており、 間もなくテープアウトされるようで、MCMアーキテクチャを備えています。NVIDIAはAda Lovelace GPUでMCMデザインを使用しないで従来のモノリシックデザインです。

一方、AMDは、RDNA3およびCDNA2ファミリでMCMチップとモノリシックチップの両方を提供することを目指しています。CDNA 2 GPUはMCMのみになりますが、RDNA 3は、ここで詳しく説明するように、MCMとモノリシックデザインを組み合わせたものになります。各企業がどのプロセスノードに依存するかは確認されていませんが、推測に基づいて、AMDのRDNA3およびCDNA2ファミリは、新しいGPUと更新されたGPUを備えた6nmノードと5nmノードの組み合わせになり、NVIDIAはTSMCの5nmを利用する予定です。Ada Lovelace GPUのプロセスノードですが、N5またはN5Pノードで製造されるかどうかは確認されていません。一方、Intelは、独自のARC Alchemist GPUラインナップをTSMCの6nmプロセスノードに依存している可能性もあります。今年後半に量産に入り、2022年第1四半期に発売されます。

NVIDIA AMD Intel GPU Roadmap (Rumor)

201920202021202220232024
AMD (RDNA 1)AMD (RDNA 2)N/AAMD (RDNA 3)N/AAMD (RDNA 4)?
NVIDIA (Turing Refresh)NVIDIA AmpereN/ANVIDIA Ampere Refresh
NVIDIA Ada Lovelace
N/ANVIDIA Hopper
N/AXe-LPN/AXe-HPG (ARC Alchemist)TBCTBC

NVIDIA CUDA GPU (Generational Comparison) Preliminary

GPUTU102GA102AD102
ArchitectureTuringAmpereAda Lovelace
ProcessTSMC 12nm NFFSamsung 8nm5nm
Graphics Processing Clusters (GPC)6712
Texture Processing Clusters (TPC)364272
Streaming Multiprocessors (SM)7284144
CUDA Cores46081075218432
Theoretical TFLOPs16.137.664.5
Flagship SKURTX 2080 TiRTX 3090RTX 4090?
TGP250W350W400-500W
ReleaseMar. 2017Sept. 192022 (TBC)