NVIDIA次世代AdaLovelace GPUは、Samsungの代わりにTSMCの5nmプロセスを採用

(Source:wccftech)

NVIDIA GPUの最も有名なリーカーの1人が、次期次世代Ada Lovelace GPUに関する重要な詳細を確認しました。まったく新しいアーキテクチャは、TSMCの5nmプロセスに基づいて構築されます。これは本当なら大規模なニュースです。Kopiteは、TuringおよびAmpereアーキテクチャのほとんどすべての詳細をリークしており、これまで非常に正確でしたが、今後、複数の確認が行われるまで、噂であるということに注意してください。

業界関係者によると、NVIDIA Ada Lovelace GPUは少し早く出てくる

Kopiteは、Ada Lovelaceアーキテクチャが5nmプロセスで構築されることを以前に確認していましたが、これはSamsungノードであると想定されていました。NVIDIAは、TSMCに打撃を与える需要を(正確に)予測していたため、ファウンドリサービスをSamsungに移行するという(正しい)決定を下しました。AppleとAMDとリソースを共有しなければならないことはギャンブルであり、Samsungを採用するというNVIDIAの決定は検証されたように思えます。


しかし、このリークが正しければ、NVIDIAは5nmプロセスのためにTSMCに戻ります。そしておそらく少なくとも1つのフラッグシップGPUシリーズがTSMCで生産されることになります。彼らがTSMCでハイエンドチップを構築し、Samsung(ボリュームが通常ある場所)でローエンドを継続している場合でも、Jensenが最先端のノードと歩調を合わせるSamsungの能力への信頼を失ったこととも考えられるので、興味深い話です。

Kopiteはまた、Ada Lovelace GPUが予想よりも早く到着すると述べていますが、そもそもタイムラインを確認していないため、具体的な日付はまだ決まっていません。噂によると、Ada Lovelace GPUの登場は2022年第2四半期から2022年第4四半期の間にということでした。KopiteがNVIDIAの生産を延期し、少し早く大量生産を開始することに期待される場合は、2022年第2四半期あたりが今後のターゲットになる可能性があります。

NVIDIA ADAGPUアーキテクチャの要約

多くの点で、Ada Lovelaceは世界初のコンピューター愛好家と考えることができます。彼女は、Charles Babbageによって提案された分析エンジンが純粋な計算を超えたアプリケーションを持っていることに気付いた最初の人であり、そのようなマシンで実行されることを目的とした最初のアルゴリズム(最初のコンピュータープログラマーになる)と思われるものも公開しました。これは、Alan Turingが仕事を終えて、世界大戦中に汎用コンピューターを発明する前のほぼ半世紀でした。

NVIDIAは、著名な物理学者、数学者、科学者に基づいてアーキテクチャを構築していることで知られており、Ada Lovelaceも例外ではありません。Videocardzは実際に、NVIDIAの自社商品ストアで主要なヒントを見つけることができました。これは、Lovelaceアーキテクチャが同社の次世代GPUであるというこの噂を裏付けているようです。GTCの2018年の基調講演で紹介されたヒーローを見ると、Ada Lovelaceだけでなく、NVIDIAの将来のすべてのアーキテクチャコードネームが潜在的に何であるかがわかります。Jensenは、GTC’18基調講演で、将来のロードマップ全体(コードネームに関する限り)をこっそりと残した可能性があります。

NVIDIA CUDA GPU (Generational Comparison) Preliminary

GPUTU102GA102AD102
ArchitectureTuringAmpereAda Lovelace
ProcessTSMC 12nm NFFSamsung 8nm5nm
Graphics Processing Clusters (GPC)6712
Texture Processing Clusters (TPC)364272
Streaming Multiprocessors (SM)7284144
CUDA Cores46081075218432
Theoretical TFLOPs16.137.664.5
Flagship SKURTX 2080 TiRTX 3090RTX 4090?
TGP250W350W400-500W
ReleaseMar. 2017Sept. 192022 (TBC)

NVIDIA AD102「ADA GPU」は、Kopiteによって提供された暫定仕様(変更される可能性があります)に基づいて、18,432 CUDAコアを備えているようです。これは、すでにTuringから大幅にステップアップしたAmpereに存在するコアのほぼ2倍です。これが可能である唯一の方法は、NVIDIAがダイ面積と電力を大幅に削減する5nmプロセスでこれを構築しているように見えるためです。興味深いことに、1.75 GHzのクロック速度を想定すると、ADA 102 GPUのピーク単精度パフォーマンス(64 TFLOP)も得られます。

Kopiteによると、ADAアーキテクチャははるかに大きなL2キャッシュを備えています(TuringとAmpereの両方に6 MBのキャッシュがあります)。通常のプロセスは縮小します。