Appleが注文の50%を削減することを計画、Intelノートブックの市場シェアは80%に縮小か?!

(Source:wccftech)

DigiTimesは最近、AppleがIntel CPU注文の50%を削減し、2022年末までにノートブックx86の市場シェアを10%低下させる計画であるというレポートを公開しました。Appleは現在、ノートブック全体の約10%を購入しています。プロセッサは、Intelが出荷し、クパチーノの巨人が自社のシリコンに移行するにつれてこれらの注文を失うと、基本的にIntelの現在の地位はノートブックの市場シェアの90%から80%に減少します。レポートによると、Alder Lakeと10nmを使用したIntelの計画が機能しない場合、これは2023年までに80%を下回る可能性さえあります。

DigiTimesレポート:Intelノートブックの市場シェアは2022年末までに10%低下する

これがレポートからの抜粋です。これはペイウォールの背後にありますが、友人が私たちのために入手することができました。

ただし、Intelは2021年にAppleからの注文のほぼ50%を失うと予想されており、最終的にはクライアントからの注文を取得しません。Appleの10%の市場シェアを失い、AMDがさらに10%を堅持していることを見ると、ノートブック市場におけるIntelのシェアは2023年に80%を下回る可能性が高いと情報筋は述べています。-DigiTimes

このレポートに基づくと、Intelは2021年末までにノートブック市場シェアの5%を失い、残りの5%は2022年末までに失われます。同時に、AMDは自社製品と非常に競争力があるため、Intelは2023年までに残りの80%の市場シェアを守れるようです。

インテルにコメントを求めたところ、次のように言われました。

第1四半期の収益を共有したように、PCの需要は依然として非常に強く、ノートブックのCPUボリュームは第1四半期に史上最高に達しました(前年比54%増)。2021年は、これまでで最大のアドレス可能なPC市場になりつつあり、Intelは業界での地位を確立しています。インテルは、ソフトウェア、シリコン、プラットフォーム、パッケージング、および大規模な製造を伴うプロセスの深さと幅を持ち、顧客が次世代のイノベーションを信頼できる唯一の企業です。

画期的なイノベーションを推進し、人々がコンピューティングエクスペリエンスに期待するものの水準を引き上げ続けるにつれて、最高のエクスペリエンスとほとんどの選択肢を求めるお客様にとって、インテルテクノロジーが常に正しいことを示し続けることを期待しています。これには、薄型軽量ノートパソコン向けの世界最高のプロセッサである第11世代コアプロセッサで 提供する最適化 と、OEMと共同設計されたIntel Evoプラットフォームが含まれ、物事を成し遂げるための最高のノートパソコンを提供します。また、コードネーム「Alder Lake」で今年後半に発売予定の次世代PCプロセッサは、x86アーキテクチャと、高性能コアとインテルの最もパワースケーラブルなシステムオンチップの大きな進歩を表しています。高効率コアを単一の製品に。

-WccftechのIntelスポークスパーソン

とは言うものの、Intelはバッテリー寿命とパフォーマンスの点でAppleのネイティブシリコンと直接競合するbigSMALLアーキテクチャ「AlderLake」を間もなく展開することを計画しています(IntelチップはパフォーマンスにおいてAppleのネイティブシリコンを上回っていますが、かなりのバッテリー寿命コストがかかります。シフトbigSMALLアーキテクチャに接続すると、その問題が修正されるはずです)。AMDはbigSMALL設計自体を発表していないため、電力効率の点で大きなコアはbigSMALL設計に勝るものがないため、プロセスノードに大きな差異がない限りAMDから残りの市場シェアを守ることができると確信しています。

IntelのAlderLakeは、x86(AMD / Intel)のいずれかが電力効率に注意を向けたのは初めてであり、長い間遅れているものです。これが、モバイルでx86が表示されない理由の1つです(これは巨大なパワーホッグであるため)。IntelがTiger Lakeのパフォーマンス数値を維持しながら、Alder LakeのSMALLコアでM1のような電力効率の数値を達成できる場合、最高のパフォーマンスと最も電力効率の高いアーキテクチャを備えています。

この仮定の1つの注意点は、AppleがTSMCの最も重要な顧客として独自の立場を占めているため、AMDやIntelよりも高度なノードにアクセスできることです。Intelの10nm SuperFin Enhancedより1〜2ノード進んでいると、IntelがbigSMALLアーキテクチャによってもたらす電力効率の向上が失われる可能性がありますが、これは現在のところ純粋な推測であり、今後も見られません。