NVIDIA GeForce RTX3070 16GBGDDR6メモリに改造

(Source:wccftech)

ロシアを拠点とするモッダーであるVIK-onは、NVIDIA GeForce RTX3070グラフィックスカードを16GB GDDR6メモリにアップグレードしました。改造にはある程度の技術的経験が必要です。

NVIDIA GeForce RTX 3070は、16 GB GDDR6メモリへ改造されRTX3070よりも高速に動作

モッダーがNVIDIAGeForceグラフィックカードのメモリモジュールを置き換えるのを見たことがあります。Teclabは、GeForce RTX 2080Tiを改造して16Gbpsモジュールをサポートすることで、2019年にそれを実現しました。これは、在庫用に14Gbpsモジュールを備えていたためです。ここでは、メモリ速度のアップグレードは見られませんが、代わりに容量の増加が見られました。NVIDIA GeForce RTX3070には元々8GBのGDDR6メモリが搭載されており、過去に大容量のTiバリアントに関する噂をいくつか確認していますが、現時点では来月にも発売?やらなくなったやらの情報です。

そこで、VIK-onは仕事を自分の手に委ね、8GBのメモリモジュールを16GBのメモリモジュールに交換することにしました。使用されるメモリモジュールは、Samsung製のK4ZAF3258M-HC14で、密度は16 Gbで、モジュールあたり2GBの容量を構成します。RTX3070の8つのメモリモジュールのそれぞれもSamsungK4Z803256C-HC14チップですが、モジュールあたり合計1GBの8Gb密度を備えています。

GeForce RTX 33070グラフィックスカードを機能させるには、BIOSを介して構成する必要がありますが、NVIDIAはBIOSを非常にハードロックしており、メーカーでさえ変更できないため、別のアプローチが必要でした。改造者は、手動で構成する必要のあるストラップセットをだますことにしました。各ストラップセットには、使用されているメモリモジュールを決定する固有のビット数が付属しています。00000ビットストラップはSamsung8 Gb(1 GB)モジュール用、00001はMicron 8 Gb(1 GB)モジュール用、00110ストラップセットは16 Gb(2 GB)モジュールをサポートします。カードに適切なストラップ構成を設定した後、別のメモリ構成を有効にすることができます(このRTX3070の場合は16GB)。

NVIDIA GeForce RTX 3070グラフィックスカードの最初の起動は成功しましたが、Furmarkをバックグラウンドで実行しないと別のアプリケーションをロードできないというエラーがいくつか発生していました。FurmarkはGPUにとって非常に重いストレステストであるため、グラフィックカードの最終的なパフォーマンスはそれほど優れていませんでした。ただし、これに対する回避策は、問題を修正し、16GBの容量でカードを最大限に活用できるEVGAPrecisionのクロックロック方式の形で提供されます。

報告されている最終結果は、リファレンスのNVIDIA GeForce RTX3070グラフィックスカードよりもわずかに優れています。確かに、これらはパフォーマンスの大きな飛躍ではないため、NVIDIAは2倍容量の製品を用意しないことを決定しましたが、将来的には、16 GB GDDR6VRAMとGA104GPUを備えたTiが見られることを期待しています。

関連記事