IntelがOEM向けの10nmSuperFinをベースにしたDG1グラフィックスカードを発表

(Source:wccftech)

数年以上前に始まった夢は、当時のRTGのボスであるRaja KoduriがIntelに加わったことで、最初の成果をもたらしました。それは、OEM専用のIntel DG1Xeグラフィックスカードです。DG1は最も強力なカードではないかもしれませんが、概念実証として重要であり、IntelがGPU市場に本格的に参入する前にコツをつかむ必要があります。

IntelがIrisXeデスクトップグラフィックスカードを発売

Intelは、これらのGPUを、(現在)ASUSおよびColorfulからのみ提供されるOEMとして利用できるエントリーレベルの市場向けに位置付けています。ASUSのバリエーションは、昔を彷彿とさせる、ナンセンスなOEMのファンレスの美学を備えていますが、Colorfulのバリエーションは、適切なグラフィックカードのように見える典型的なデュアルファンのシングルスロットデザインです。

Iris Xeディスクリートグラフィックスカードは、80EU(または640 ALU)、40テクスチャユニット、およびTiger Lakeの比率が同じ場合はおそらく20ROPを備えています。Xe dGPUは、実際には、モバイル版よりも16少ないEUを特徴とするカットダウン製品です。つまり、これは、同じウェーハスタートのより低くされた可能性があります。これは実際には非常に優れた戦略です。これは、DG1から回収されたチップが無駄にならず、代わりにパートナーに安価に販売される可能性のあるdGPUで使用されるため、Intelがこれらをさらに多く出荷できることになります。

Intel Iris Xe MAX vs Iris Xe

 Iris Xe MAXIris Xe
PlatformMobilityDesktop
GPUDG1DG1
Architecture10 nm SuperFin10 nm SuperFin
Execution Units9680
GPU Frequency16501700+
Memory4GB4GB
Memory bus width128 bit128 bit
Memory bandwidth68 GB/s68 GB/s
TDP25 W30 W

少なくとも1700MHzでクロックする必要があります。これは、元のPS4よりも多い2.17TFLOPのグラフィックス馬力を提供できることを意味します。TDPは30ワット(ディスクリートカードのピーナッツであり、ASUSがファンレス設計を採用できる理由)であり、Intelの10nm SuperFinテクノロジーで製造されます。モビリティカードよりも5W電力を消費することを考えると、クロック速度は1700MHzよりも高いと安全に推測できます。もちろん、アーキテクチャはXe-LPであり、4GBのvRAMを備えています。ゲーマーが(OEMで事前に構築された方法で)これを手に入れることができるかどうか、その量は定かではありませんが、非常に収益性の高いGPUビジネスのサードプレーヤーとしての地位を確立するというIntelの野心を再確認しています。DGシリーズは、Intelがプラットフォームをベータテストし、メインショーのためにパートナーとチャネルを準備する方法です。これは2022年まで行われません。Intelは、ゲーマーを対象とした価格設定が必要なHPGベースのグラフィックカードもリリースする準備ができています。しかも超低価格でです。