Intel Core i5-11400 6コアRocket LakeデスクトップCPUベンチマークリークし最大4.40GHzブーストクロックを確認

11th Gen Intel Core desktop processors (code-named “Rocket Lake-S”) will deliver inceased performance and speeds. They will launch in the first quarter of 2021. (Credit: Intel Corporation)

(Source:wccftech)

Intel Core i5-11400 6コア Core Rocket LakeデスクトップCPUが、ベンチマークとともにリークしました。このCPUは第11世代Coreファミリーの一部であり、価格を考えると素晴らしい価値を提供しますが、オーバークロック機能がないIntel Corei5-10400に取って代わります。

Intel Core i5-11400 6コア Rocket LakeデスクトップCPUベンチマークがリークアウトし、前モデルと比較して最大12%高速なシングルスレッドパフォーマンス

Intel Core i5-11400は、第11世代Rocket LakeCPUファミリーのCore i5セグメントの一部です。14nm Cypress Coveアーキテクチャに基づく6コアと12スレッドを備えており、老朽化し​​たSkylakeアーキテクチャよりも優れたIPCを提供します。クロック速度に関しては、CPUは2.60GHzのベースクロックと4.40GHzのブーストクロックを備えています。前任者と比較すると、Corei5-10400は2.90GHzの高いベースクロックを揺るがしますが、4.30GHzの低いブーストクロックを揺るがします。CPUは12MBのL3キャッシュ、3 MBのL2キャッシュを備えており、非Kチップの標準(PL1)構成である65WTDPが付属します。PL2 TDPの定格は約125〜150Wです。

Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPU Lineup Specs(暫定)

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost Clock (1-Core)Boost Clock (All-Core)CacheGraphicsTDP (PL1)
Core i9-11900K8/163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i9-119008/161.80 GHz4.40 GHz3.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i9-11900T8/16TBCTBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i7-11700K8/16TBC5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i7-117008/162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i7-11700T8/16TBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-11600K6/12TBC4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i5-116006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11600T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-115006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11500T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-114006/122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)65W
Core i5-11400T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)35W

パフォーマンスベンチマークは、64GBのDDR4メモリを搭載したMSIZ490M Gaming EdgeWiFiマザーボードで実行されました。DDR4DIMMの速度は報告されていません。Geekbench 5ベンチマーク内のシングルコアテストでは、Intel Core i5-11400デスクトップCPUが1247ポイントを獲得し、マルチコアテストでは、チップが6197ポイントを獲得しました。シングルコアのパフォーマンスは12%のジャンプを示し、マルチコアのパフォーマンスは9%向上しています。これは、第10世代の前任者に比べてかなりの利益です。

はるかに高いベースクロック4.1GHzと 4.8GHzのブーストクロックを提供するIntel Core  i5-10600Kと比較すると、Core i5-11400はわずかに遅くなり、シングルコアのパフォーマンスが6%低下し、マルチコアのパフォーマンスが14%低下します。 Core i5-10600Kは、定格が125W(PL1)および225W(PL2)のロック解除されたパーツであり、前述のより高いクロックも搭載しているため、これは予想されることです。同時に、Corei5-11400はRyzen5 5600Xに匹敵しませんが、シングルコアとマルチコアのパフォーマンステストのいずれかです。Ryzen 5 5600Xの実際の競合相手は、Core i5-11600Kであるはずですが、これらのベンチマークに基づくと、ロック解除された部分でさえ、Ryzen CPUとのマッチングに苦労します。