AMD Ryzen 7 5700G / 5750G 8コア Cezanne Zen 3デスクトップAPUの写真とベンチマークはVermeer Ryzen 5000 8コアCPUと同等

(Source:wccftech)

AMD Ryzen 7 5750G、Ryzen7 5700G Zen3 8コアを搭載したCezanne APUと推定される、エンジニアリングサンプルが、最初のパフォーマンス結果とともにリークされました。AMD Ryzen 5000Gのラインナップは、来週ラップトップセグメントで発売され、後にデスクトッププラットフォームに登場するCezanne APUラインナップの一部です。

AMD Ryzen 7 5750G / Ryzen 7 5700G 8コアCezanne Zen 3 APUの写真とベンチマーク、Vermeer 8コアを搭載

エンジニアリングサンプルは、中国の技術アウトレットWeixin(HXL経由)によってリークされ、リークした人がAPUの写真とベンチマークを投稿しました。これがRyzen 7 5750Gなのか5700Gなのかは定かではありませんが、CPUは完全に機能しているようです。チップのコードネームは「100-000000263-30_Y」で、L316MESバリエーションの一部です。

仕様に関しては、AMD Ryzen 7 5750G / Ryzen 7 5700G APUは、8コア/16スレッド、3.0 GHzのベースクロック、および4.45GHzのブーストクロックを備えています。これらはCPU-zによって報告された単なる予備クロックであり、最終的なメトリックが変更される可能性があります。APUはオーバークロックをサポートし、4MBのL2キャッシュと16MBのL3キャッシュを備えています。同チップのTDPについては触れられていないが、オーバークロックをサポートする予定なので、65W TDPのCPUと考えられます。GPU側はVega8(512 SP)GPUを搭載しますが、Cezanne APUのドライバーは利用できないため、Renoirよりも高いクロックを期待していたとしても、リーカーはゲームのベンチマークを投稿することができませんでした。

ベンチマークについては、CPUはCPU-z内でテストされ、シングルコアで613.6ポイント、マルチコアベンチマークで6296.2ポイントを獲得しました。リーカーは、APUがまともなオーバークロック機能を備えており、1.468Vの電圧で4.7GHzにプッシュされたと報告しています。AMD Ryzen 7 5750G / Ryzen 7 5700Gをオーバークロックすると、パフォーマンスメトリックが大幅に向上し、シングルで647.4ポイント、マルチスレッドベンチマークで6960ポイントになりました。以下は、既存の8コアCPUに対してどのようにスタックするかです。

上記のベンチマークでわかるように、AMD Ryzen 7 5750G / Ryzen 7 5700Gは、8コア、より高いクロック速度、さらに高い電力制限を備えたVermeerデスクトップCPUと同等です。このチップは、シングルで13%のパフォーマンス向上、在庫のRyzen 7 4750Gより5%の向上を実現しますが、オーバークロックを使用すると、差はそれぞれ最大19%と16%向上します。前世代のAMDRyzen 4000G Renoir APUは、いくつかの印象的なメモリオーバークロック機能を示しました。Ryzen PRO 4000G APUとは異なり、適切なチャネル可用性を備えたメインストリームセグメントでも利用可能になる予定のCezanne APUにも同じことが期待できます。リーカーは、価格がおよそUSD$300であることを示唆しており、そのとおりであれば、AMDの売れ筋になるでしょう。