AMD Radeon RX6900XTフラッグシップ「BigNavi」OpenCLベンチマークがリーク、RX6800XTよりも13%高速

(Source:wccftech)

AMDのRadeon RX6900XTフラッグシップBigNaviグラフィックスカードの最初のベンチマークは、発売の数日前にリークし始めました。ベンチマークは、OpenCLテストと競合製品、およびRadeon RX6800XTとの比較でフラッグシップグラフィックスカードがどれだけ優れているかを示しています。

AMD Radeon RX 6900XTフラッグシップ「BigNavi」OpenCLベンチマークがリーク、RX6800XTよりも13%高速

ベンチマークはTUM_APISAKによって発見され、Geekbench 5OpenCLテスト内のパフォーマンスを示しています。AMD Radeon RX 6900 XTは、Ryzen 9 5950Xで構成されたX570プラットフォームで実行した場合、最大169,779ポイントを獲得。このテストでスマートアクセスメモリテクノロジが有効になっているかどうかを実際に確認する方法はありませんが、無効にした場合は、パフォーマンスが向上します。

AMD Radeon RX6900XTは、最大周波数として報告されているように、約2000 MHzの平均クロックで動作しているようでしたが、これが最終的なパフォーマンスになるとは考えないでください。Radeon RX6800XTと比較すると、Radeon RX6900XTは最大13%高速ですが、Radeon RX6800と比較すると、約35%高速です。これはOpenCLベンチマークデータベースから取得した平均です。

NVIDIA GeForce RTX3090およびRTX3080と比較すると、RX6800XTは平均してそれぞれ約4%および19%遅くなっています。ここで注意が必要です。RTX 30シリーズはOpenCLテスト内でより良いパフォーマンスを示しますが、実際のゲームパフォーマンスでは、RX 6800 XTは3080に苦戦します。そのため、RX6900XTはRTX3090に対して適切な対抗スペックです。

AMD Radeon RX 6900XT「BigNavi21XT」GPU搭載16GBグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6900 XTには、80個のコンピューティングユニットまたは5120個のSPを備えた完全に有効化されたダイであるNavi 21 XTXGPUが同梱されます。このカードは、256ビットバスインターフェイス全体で16 GBのGDDR6メモリ、512 GB / sの合計帯域幅、およびリファレンス仕様で2015MHzベースと2250MHzブーストのクロック速度も備えています。グラフィックカードでレイトレーシングを有効にするための80個のレイアクセラレータもあります。グラフィックカードは、300WのベースTBPを備え、工場でオーバークロックされたモデルは350Wを超えています。

標準メモリに加えて、Radeon RX 6900XTグラフィックカードはGPUダイに128MBのインフィニティキャッシュも備えています。キャッシュは、1080pHDを超える解像度でより高いパフォーマンスを実現するために帯域幅を増やすのに役立ちます。128 MB Infinity Cacheは、標準の512 GB / s帯域幅を3.25倍にブーストし、すべてのBig NaviGPUベースのグラフィックカードで最大1.664TB / sの実効帯域幅を提供します。