.

AMD Radeon RX 6700 XT’Navi 22 GPU ‘カスタムモデルは、最大2.95 GHz、最大211WTGP

(Source:wccftech)

AMDのRadeonRX 6700 XTカスタムモデルBIOSもリークしています。そこではRDNA 2 GPUに期待できる周波数を示しています。この情報は、カスタム製品2つのBIOSがMorePowerToolを通じて詳細に説明されたIgorのラボからのものです。

AMD Radeon RX 6700 XTカスタムモデルは、RX6800シリーズよりも優れた220WTGPで最大2.95GHzの可能性

これまでにリリースされたハイエンドGPUとしては初めて、3.0GHzの最大クロック制限を提供するAMD Radeon RX6900XTのBIOSを見ることができました。グラフィックカードは数週間以内に発売される予定であり、AMDのRadeon RX6000シリーズ「RDNA2」ファミリの主力製品になります。BigNavi Navi 21 GPUがリリースされた後、AMDはRDNA2ベースのNavi22 GPUを搭載し、Radeon RX 6700XTおよびRadeonRX6700フレーバーが付属するRadeonRX6700シリーズに注力します。

Igorによると、彼がアクセスしたBIOSは、2枚のカスタムRadeon RX6700XTグラフィックカード用です。最初のBIOSは2854MHzまたは2.854GHzの最大クロック速度を示し、2番目のBIOSは最大2950MHzまたは2.95GHzのクロック速度を提供するはるかに高速なOC製品用です。これらにより、Radeon RX 6700 XTパートナーカードは、最大2.8GHzのカスタムRX6800XTラインナップよりもはるかに優れ、RX6900XTとRX6700XTのカスタムモデル間のわずか50MHzの違いを確認しているので、さらに高速な最大クロックを備えた他の製品があるかどうかを確認するのは興味深いことです。

Igor’sLab経由のAMDRadeon RX 6700 XTカスタムモデルBIOS(2.95 GHz

Igor’sLab経由のAMDRadeon RX 6700 XTカスタムモデルBIOS(2.85 GHz

Igorは、AMD Radeon RX6700XTパートナーカードのTGP(Total Graphics Power)が可変であるとも説明しています。クロックの低い製品のTGPは186Wですが、クロックの速い製品のTGPは211Wです。最大クロック制限が2854MHzの最初の製品は、AMDによるストック製品である可能性が高く、Igorは、そのTBP(Total Board Power)が210〜220Wになることを示しています。そのため、OC(2.95 GHz)製品のTBPは、約250Wでさらに高くなる可能性があります。これは、TBPが250WのRadeon RX6800(Non-XT)リファレンスモデルに近いものです。


さらに興味深いのは、最初のバリエーションは、ファン速度が2300 RPMに設定され、ファンの目標温度が80℃とより保守的なリファレンスデザインのように見えることです。最小PWM値は33%に設定され、ファンスロットル制限は3200RPMに設定されています。リファレンスのRadeon RX6700XTグラフィックスカードは、デュアルファン設計を備えていると予想され、以前のリークでそれらを少し垣間見ることができました。

OCモデルは95°Cのより高い目標温度を特徴とし、よりプレミアムな冷却設計を揺るがすことが期待されています。1700 RPMの速度は、最大TPM範囲が2550のトリプルファン構成を検討している可能性があることを示しています。

AMD Radeon RX 6700 XT with Navi 22XTおよびRadeonRX 6700 With Navi 22 XL GPU

最後に、Navi 22XTベースのRadeonRX 6700XTとNavi22XLベースのRadeonRX6700グラフィックスカードを含むRadeon RX6700シリーズがあります。完全なNavi22 XT GPUSKUを搭載したAMD Radeon RX6700XTは、40のコンピューティングユニットまたは2560ストリームプロセッサを搭載する予定ですが、Navi 22 XL GPU SKUを搭載したRadeon RX6700は、カットダウン構成を搭載する予定です。グラフィックカードは、192ビットのバスインターフェイスとともに12GBのGDDR6メモリバッファを備えています。AMDはおそらく16Gbpsのダイを使用し、カードの合計帯域幅は384 GB / sになります。

デュアルスロット冷却ソリューションを備えたAMDRadeon RX 6700シリーズ

2番目のバリエーションに移行すると、デュアルスロットカードはトリプルスロット製品と同様のデザインを備えていますが、フォームファクタがわずかにコンパクトです。このシュラウドは、AMD Radeon RX6700シリーズカード用に設計されていると言われています。このカードは、デュアルアキシャルテックファンデザインを特徴としており、中央とファンにもRadeonブランドを表す大きな「R」ロゴが付いています。

このカードの側面にはLEDでRadeonのロゴがあり、アルミニウム製ヒートシンクから熱を逃がすための大きな切り欠きがあります。カードには2つの8ピン電源コネクタがありますが、より電力が最適化された製品の8 +6の構成も用意される場合があります。このカードにはデュアルスロットフォームファクタも付属しており、BigNaviグラフィックカードと同様のI / Oを備えている必要があります。このクーラーは、Radeon RX5700シリーズグラフィックスカード用のAMDのNavi10(RDNA 1)GPUと比較して、わずかに小さいがそれでも大きいNavi 22GPUを収容する必要があると予想されます。

AMD Radeon RX 6000 Series "RDNA 2" Graphics Card Lineup

Graphics CardAMD Radeon RX 6700AMD Radeon RX 6700 XTAMD Radeon RX 6800AMD Radeon RX 6800 XTAMD Radeon RX 6900 XT
GPUNavi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTX
Process Node7nm7nm7nm7nm7nm
TransistorsTBATBA26.8 Billion26.8 Billion26.8 Billion
Compute UnitsTBA40607280
Stream ProcessorsTBA2560384046085120
TMUs/ROPsTBATBA240 / 96288 / 128320 / 128
Game ClockTBATBA1815 MHz2015 MHz2015 MHz
Boost ClockTBATBA2105 MHz2250 MHz2250 MHz
FP32 TFLOPsTBATBA16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs
Memory Size12 GB GDDR612 GB GDDR616 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache
Memory Bus192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit
Memory Clock14 Gbps?16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps
Bandwidth320 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s
TDPTBATBA250W300W300W
PriceTBATBA$579 US$649 US$999 US

Radeon RX 6700XTおよびRadeonRX6700を含むRadeonRX 6700シリーズグラフィックスカードは、2021年1月にリリースされる予定であり、NVIDIA GeForce RTX3070およびRTX3060シリーズカードに対応します。