AMD Radeon RX 6000グラフィックカードの仕様がリーク

(Source:wccftech)

RDNA2ベースのRadeonRX 6900、RX 6800、およびRX6700シリーズを含むAMDのRadeonRX6000ラインナップのグラフィックスカードの多くの仕様がVideocardzからリークされました。リークにより、グラフィックカードの仕様と最終的な名前、および各カードが使用するそれぞれのGPUの情報が提供されます。

全てのAMDRadeon RX 6000 “RDNA2”グラフィックカードラインナップ仕様がリークRX6900XT用Navi21 XTX、RX6800シリーズ用Navi21 XT / XL、RX6700シリーズ用Navi22

情報筋によると、仕様はAMD自身によってAIBに提供され、仕様、GPU SKU、10月28日または来週に発表されるグラフィックカードの命名スキームなどの情報が含まれています。

AMD Radeon RX6000シリーズラインナップの主力グラフィックスカードはRadeon RX6900XTになると言われています。このカードは、80個のコンピューティングユニットまたは5120個のストリームプロセッサを搭載しているNavi 21XTX「BigNavi」GPUを搭載します。基準クロック速度のクロック速度は、約2040MHzゲームおよび2330MHzブーストクロックが推奨されます。

このカードは、512 GB / sの帯域幅出力を備えた256ビットバスインターフェイス全体で16GBのGDDR6メモリを備えています。帯域幅を支援するのに役立つ無限キャッシュソリューションの噂がありますが、現時点ではその特定のキャッシュの正確な量はわかりません。AMD Radeon RX 6900 XTは、非常に限られた数量で発売されていると報告されています。

AMD Radeon RX 6800 XT with Navi 21XTおよびRadeonRX 6800 With Navi 21 XL GPU

AMD Radeon RX 6800シリーズは、2つのRDNA 2ベースのグラフィックカード、Navi21「BigNavi」ベースのRadeon RX6800XTとRadeon RX6800です。AMD Radeon RX6800XTには、Navi 21 XT GPUが搭載され、72個のコンピューティングユニットまたは4608個のSPを備えたカットダウンSKU。このカードは、256ビットバスインターフェイス全体で16 GBのGDDR6メモリ、512 GB / sの合計帯域幅、および参照仕様で2015MHzベースと2250MHzブーストのクロック速度も備えています。昨日、Navi 21 XTは、リファレンス用に320W、カスタム製品用に355WのTBPを搭載できることが報告されました。

AMD Radeon RX 6800グラフィックスカードは、4096ストリームプロセッサの64コンピューティングユニットを備えた、さらに削減されたNavi21「BigNavi」GPUを搭載しています。このカードは、16 GB GDDR6メモリと同じVRAM構成、256ビットバスインターフェイスを備えていますが、カードのメモリクロックがわずかに低く14 Gbpsになり、正味帯域幅が448 GB / sになることが報告されています。GPUは、リファレンススペックで1815MHzゲームのクロック速度と2105MHzブーストクロックを備え、Navi 21 XL GPUを搭載したAMD Radeon RX6800は、ストッククロックで290WのTBPを備えている可能性があるともされています。

トリプルファン冷却ソリューションを備えたAMDRadeon RX 6900シリーズ

デザイン自体に関しては、Radeon RX6000のフラッグシップ冷却デザインは赤と黒のデザインで素晴らしく見えます。このカードは、シュラウド上にトリプルアキシャルテックファンセットアップを備えており、その下を走る大きなアルミニウムヒートシンクを備えています。カードの側面にはLEDで点灯するRadeonのロゴがあり、側面にはファンが熱気を排出するための大きな切り欠きがあります。このデザインは、NVIDIA GeForce RTX20シリーズFoundersEditionクーラーを非常に彷彿とさせます。このカードはデュアル8ピン電源を備え、ディスプレイポートにはUSB Type-C(VirtualLink)、1つのHDMI、および2つのDisplayPortコネクタが含まれます。

カードはまた、クーラーを所定の位置に保持するための保持ブラケットと一緒に豪華なバックプレートを備えています。Radeon RXの「BigNavi」GPUは、NVIDIAの主力製品であるRTX 3080と同じですが、トリプルスロットのGeForce RTX3090ほど大きくない標準の2スロットリファレンスデザインで提供されるようです。

AMD Radeon RX 6700 XT with Navi 22XTおよびRadeonRX 6700 With Navi 22 XL GPU

最後に、Navi 22XTベースのRadeon RX6700XTとNavi22XLベースのRadeon RX6700グラフィックスカードを含むRadeonRX6700シリーズがあります。完全なNavi22 XT GPUSKUを搭載したAMD Radeon RX6700XTは、40のコンピューティングユニットまたは2560ストリームプロセッサを搭載する予定ですが、Navi 22 XL GPUSKUを搭載したRadeon RX6700は、カットダウン構成を搭載する予定です。グラフィックカードは、192ビットのバスインターフェイスとともに12GBのGDDR6メモリバッファを備えています。AMDはおそらく16Gbpsのダイを使用し、カードの合計帯域幅は384 GB / sになります。

Radeon RX 6700シリーズも10月28日に発表されますが、発売は2021年1月頃に予定されているとVideocardzは報告しています。

デュアルスロット冷却ソリューションを備えたAMDRadeon RX 6700シリーズ

2番目のバリエーションに移行すると、デュアルスロットカードはトリプルスロット製品と同様のデザインを備えていますが、フォームファクタがわずかにコンパクトです。このシュラウドは、AMD Radeon RX6700シリーズカード用に設計されていると言われています。このカードは、デュアルアキシャルテックファンデザインを特徴としており、中央とファンにもRadeonブランドを表す大きな「R」ロゴが付いています。

このカードの側面にはLEDで照らされたRadeonのロゴがあり、アルミニウム製ヒートシンクから熱を逃がすための大きな切り欠きがあります。カードには2つの8ピン電源コネクタがありますが、より電力が最適化されたバリアントの8 +6または構成も表示される場合があります。このカードにはデュアルスロットフォームファクタも付属しており、BigNaviグラフィックカードと同様のI / Oを備えている必要があります。このクーラーは、Radeon RX5700シリーズグラフィックスカード用のAMDのNavi10(RDNA 1)GPUと比較して、わずかに小さいがそれでも大きいNavi 22GPUを収容する必要があると予想されます。

AMD Radeon RX 6000 Series “RDNA 2” Graphics Card Lineup

Graphics CardAMD Radeon RX 6700AMD Radeon RX 6700 XTAMD Radeon RX 6800AMD Radeon RX 6800 XTAMD Radeon RX 6900 XT
GPUNavi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTX
Process Node7nm7nm7nm7nm7nm
Compute UnitsTBA40647280
Stream ProcessorsTBA2560409646085120
TMUs/ROPsTBATBATBATBATBA
Base ClockTBATBATBATBATBA
Game ClockTBATBA1815 MHz2015 MHz2040 MHz
Boost ClockTBATBA2105 MHz2250 MHz2330 MHz
Memory Size12 GB GDDR612 GB GDDR616 GB GDDR616 GB GDDR616 GB GDDR6
Memory Bus192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit
Memory Clock14 Gbps?16 Gbps?14 Gbps16 Gbps16 Gbps
Bandwidth320 GB/s384 GB/s448 GB/s512 GB/s512 GB/s
TDPTBATBA290W TBP?320W TBP?>320W TBP?
PriceTBATBATBATBATBA

AMD Radeon RX 6800 XT、Navi 21 XT GPUを最大2577MHzのクロックで検出

最後に、Igor’s Labは、最大周波数の新しい更新は、Navi 2X「Big Navi」GPUで実行できるとしています。この情報は、AMDのAIBパートナーであり、次世代のRadeon RX6800XTカスタムボードのBIOSを提供している非常に特別なパートナーから直接彼に届きます。Igorは「MorePowerTool」を使用してBIOSを評価し、ブーストクロックが2577 MHzに設定されていることを発見しました。これは、コンシューマーグレードのグラフィックカードでは非常識な数値です。

設定できる最大ブースト制限も2800MHzであり、通常のユーザーが達成する可能性は低いですが、LN2コアユーザーは、BigNaviの発売時に大いに楽しんでいるように見えます。AMDは10月28日にRX6000シリーズグラフィックスカードファミリを正式に発表します。2020年の後半は、最高のハードウェアでPCをアップグレードすることを楽しみにしているすべてのハードウェアユーザーやPCゲーマーにとって興味深い時期になるでしょう。