Intel 最初のハイエンドXe-HPG GPU搭載ディスクリートゲームグラフィックスカードは、2021年に発売され、ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシングと多数のコアを搭載

(Source:wccftech)

Intelは2021年にXe GPUアーキテクチャに基づく最初のディスクリートゲームグラフィックスカードを発売する準備が整っており、次世代のIntel Xeディスクリートグラフィックスカードは、現代のゲームで期待できるすべての利点を備えています。レイトレーシングや4Kマニア層のパフォーマンスを実現します。

エンスージアストゲーム向けのIntelのXe-HPG GPU搭載ディスクリートグラフィックスカードが2021年に発売

Intelがマニア向けゲームセグメント専用の最初のディスクリートグラフィックスカードのラインアップを発表する予定です。Videocardzに報告されています。Intelは、今年発売されるAMDのRDNA 2およびNVIDIAのAmpereラインナップと競合するようです。リークによると、Intelのゲーミンググラフィックカードのラインナップは、Xe-HPG GPUを搭載する予定です。この特定のGPUは、Xeマイクロアーキテクチャファミリの別のカテゴリです。Xe-LPとXe-HPの中間にあり、主にゲーマー対象としています。Xe-HPG GPUは単一のタイルを使用すると予想され、単一のタイルが512のEUで構成されていると仮定して、フラグシップチップで最大4096のコアのようです。私たちの  独占レポートと、Ponte Vecchioチップに関してIntelが話し合ったことから、IntelはすべてMCMトレインに搭載されており、各チップは複数のXe GPUタイルで構成されており、相互接続されてモンスターを形成しますGPU。以下に、IntelのさまざまなMCMベースのXe HP GPUの実際のEU数と、推定コア数およびTFLOPを示します。

  • Xe HP(12.5)1タイルGPU: 512 EU [Est:4096コア、10.6 TFLOPs 1.3 GHz、150W]
  • Xe HP(12.5)2タイルGPU: 1024 EUs [Est:8192コア、21.2 1.3 GHz、TFLOP、300W]
  • Xe HP(12.5)4タイルGPU: 2048 EU [Est:16,384コア、42.3 TFLOPs 1.3 GHz、400W / 500W]

もちろん、IntelはXe-HPGゲーム固有のGPUでEUの数を増やすことができますが、最終的な仕様が公開されるまでは不明です。ゲーム固有の機能については、IntelXe-HPG搭載グラフィックスカードは、ハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシングとGDDR6メモリを搭載してパフォーマンスと価値を最適化し、データセンター市場向けのXe-HPラインナップはHBMを選択します。リークはまた、サーバー市場向けのグラフィックスカードであるSG1として知られるIntel Xe-LP製品についても語っています。2020年の年末までに少し詳細はこの部分で知られています。3つのすべてのXe HPシリーズが含まれる大規模なGPUのダイをこれらのチップの1つがXe-HPGと同じ設計原理を共有していることは間違いないようです。すべてのIntel Xe GPUは、10nmプロセスノード上で製造されると予想されますが、リークした情報のポイントとして外部工場で製造されます。10nmプロセスはしばらくの間大量生産されているため、Samsungが候補になる可能性があります。Intelは最近、Xe LP GPUの  最初のデモを  次のTiger Lake CPU内に提供しました。これは、デモで見られるように、Intelの統合グラフィックスパフォーマンスが大きく飛躍していることが証明されています。Xe HPおよびXe HPC GPUの詳細について目が離せなくなりました。

関連記事