Intel Grand Ridgeプラットフォームは、7nm HLL +プロセスに基づく24個のAtomコアを搭載

(Source:wccftech)

Intelの今後のGrand Ridgeプラットフォームのスライドが、AdoredTvのOverVoltedポッドキャストのおかげでリークされました。Intelは、Grand Ridgeプラットフォームを使用して、スケーラブルコヒーレントファブリックによって接着された最大24コアのAtomプロセッサーの導入を計画しています。Grand Ridgeは、Atom側で同社のポートフォリオを拡大し、新しいグレースモントアーキテクチャを採用します。

IntelのGrand Ridgeプラットフォームは、Gracemontに基づく、DDR5、PCIe 4.0、7nm HLL +に基づく24コア

Gracemontアーキテクチャは、当初2021年に導入されるとしていたもので、デスクトップ上のGolden Coveアーキテクチャ(Willow Coveの後継)と同等です。これは、古くなったTremontアーキテクチャ以降の最初のアップデートであり、IPCの大幅な飛躍と低電力セグメントの全体的な計算を表しています。また、DDR5メモリとPCIe 4.0のサポートも備えているため、かなり「将来性」があります。これは、2.6GHzまでブーストでき、Atomプロセッサーにはかなり高速であり、5.6 GHzでクロックされるRAMをサポートできます。

パッケージ全体のサイズは47.5mm x 47.5mmで、Intel 7nm(HLL +)プロセスで製造されます。HLL +の指定は非常に興味深いものであり、現時点ではこれが何を示しているのかは不明です。IntelのRaja Koduriは、8月13日に主要なアップデートを提供する準備ができており、その前にこの詳細を入手できると確信しています。UDIMMおよびSODIMMメモリタイプの両方がサポートされており、パケット処理、フロー分散、柔軟な処理パイプライン、送信スケジューラ、セキュリティプロセッサなどのニッチな特殊化もSOCに含まれています。64KB iCache、32KB dCache、4MB L2クラスター(すべてのコアで共有されていると想定)を備えた新しい命令セットも備えているようです。プラットフォームは、4x USB 3.1、4x USB 2.0、I3C、eSPI、MDIO、UIART、SMBus、およびI2Cをサポートできます。