Intel Rocket Lake 8コア/16スレッドのベンチマークは最大4.30 GHzで32 EU Xeグラフィックスを搭載

(Source:wccftech)

IntelのRocket Lake Desktop CPUの新しいエントリが発見され、8コアと16スレッドのチップが示されています。Intel Rocket LakeデスクトップCPUファミリは、第11世代コアバナーの下でブランド化され、デスクトップセグメント向けのまったく新しいコアおよびグラフィックスアーキテクチャを特徴にしています。

Intel Rocket LakeデスクトップCPU が発見され8コア/16スレッドで最大4.3 GHzにXeグラフィックスを搭載

(TUM_APISAKを介して)Geekbench 5データベース内にあるIntel Rocket Lake Desktop CPU は、3DMarkで1か月前に確認した前のエントリと非常によく似ています。この特定のCPUの正式名称はまだ公開されていませんが、非常に興味深い仕様を見ることができました。まず、Rocket Lake CPUは8コアと16スレッドを備えています。Rocket LakeのCPUは、Skylakeアーキテクチャ最後の新しいコアアーキテクチャです。Sunny Cove(Ice Lake)コアとWillow Cove(Tiger Lake)コアのハイブリッドになる可能性があるという情報があります。

10nmアーキテクチャを14nmにバックポートしながら14nmプロセスノードを使用するため、CPU全体が怪物的設計です。CPUには、Xe GPUも搭載され、クロック速度に関しては、CPUは3.2 GHzのベース周波数と4.3 GHzの最大ブースト周波数を備えています。ここで、3DMarkエントリなどを確認できます。

キャッシュに関して、CPUコアあたり512 KBのキャッシュと16 MBのL3キャッシュです。Willow Coveコアは、コアあたり1.25 MBの大幅にアップグレードされたL2キャッシュを備えているため、これはSunny Coveと同様のキャッシュ設計を示しています。GPUの部分については、Xeグラフィックアーキテクチャにデコードします。ここにリストされているGen 12グラフィックチップが表示されます。Rocket Lake CPU上のXe GPUは、1150 MHzでクロックされる合計32の実行ユニットを備えています。

パフォーマンスはOpenCLベンチマークで測定されたため、ここで押しているのはCPUコアではなく、GPUコアの部分です。OpenCLスコアはWindows 10上で6266ポイントと報告されています。比較のために、1200 MHzのクロック速度の24の実行ユニットを特徴とするUHDグラフィックス630チップを搭載した標準クロックCore i7-10700Kは6360ポイントでした。以前のベンチマークと同様に、このESチップは最終的な小売りチップのように調整および最適化されていません。また、以前のベンチマークで同じチップを使用した場合の結果は良くありませんでした。ここでも同じです。

Rocket Lakeは今年後半に予定されているため、Intelはまだ数か月で出荷されるモビリティのTiger Lakeラインナップを優先しており、Rocket Lakeデスクトッププラットフォームでの最終的なドライバーなどの最適化が完了す頃には進化していると思われます。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットをサポートする予定です。これは、400シリーズのマザーボードではありますが、Comet Lake-S CPUでデビューしています。Intel Rocket Lake-Sプロセッサーは500シリーズマザーボードと一緒に発売され、特にPCIe Gen 4.0が、LGA 1200マザーボードとRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されています。現行品であるZ490もRocket Lake-S CPUを搭載する事で、PCIe Gen 4.0に対応されるという噂もあります。

IntelのRocket LakeデスクトップCPUの主な機能は次のとおりです。

  • 新しいプロセッサコアアーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックアーキテクチャ
  • DDR4速度の向上
  • CPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張ディスプレイ(統合HDMI 2.0、HBR3)
  • x4 CPU PCIeレーンを追加=合計20個のCPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張メディア(12ビットAV1 / HVEC、E2E圧縮)
  • CPU接続ストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USBオーディオオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2×2(20G)
  • 2.5GbイーサネットディスクリートLAN
  • DIscrete Intel Thunderbolt 4(USB4準拠)

繰り返しますが、Rocket LakeがWillow Coveコアを使用しているのは、同じアーキテクチャのTiger LakeがXe Gen 12グラフィックスを備えているのに対し、Sunny CoveコアのIce LakeはGen 11 GPUを使用しているためです。Intelが第11世代のTiger Lakeモビリティファミリーをリリースしたら、Rocket Lake CPUに関する詳細情報が続々と公開される事を期待しましょう。

Intel Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm8/16 ?TBA400/500-Series?LGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02020?
Alder Lake10nm?16/32TBATBALGA 1700DDR5?PCIe Gen 4.0?2021?
Meteor Lake7nm?TBATBATBATBADDR5?PCIe Gen 4.0?2022?