CPU

Intel 次世代10nm Tiger Lake CPUファミリーが2020年夏の発売に向け最初のマーケティングキットが明らかに

(Source:wccftech)

Intelの次世代10nm Tiger Lake CPUファミリのリリースが差し迫っていることから、同社は、第11世代モビリティファミリのプロモーションキャンペーンの一部であるマーケティングキットのプレス送信を開始しました。

Intel Tiger Lake 10nm CPUが2020年夏に発売に向け最初のマーケティングキットをプレス配信

Intel Tiger Lakeファミリは、Ice Lakeに次いでモビリティプラットフォームにヒットする2番目の10nmラインナップであり、あらゆる面で重要な改善を提供します。Tiger Lakeプロセッサフ​​ァミリの2つの主要な更新には、CPU側の真新しいWillow CoveコアアーキテクチャとGPU側のXeグラフィックアーキテクチャが含まれます。Intelは、CPUおよびGPUのパフォーマンスの向上と、既存の10nm部品の効率の向上を約束しています。IntelはTiger Lakeマーケティングキャンペーンを開始し、マーケティングキットを最初のプロモーションウェーブでハイテクプレスに送ります。Legit Reviewの編集者であるNathan Kirschは、これらのキットの1つを入手し、彼のTwitterフィードで共有しました。キットには、2つのオレンジ色のユリ(リリウムタイガーのロア)の種子と、次のような文字が含まれています。

これは、次世代のTiger Lake CPUを宣伝して販売するための優れた方法であり、環境に優しい方法でもあります。IntelはTiger Lake CPUが2020年半ばに発売されることをすでに確認しており、2020年の第3四半期から一連の新しいノートブックとラップトップが登場すると予想できます。

第11世代のTiger Lakeファミリモバイルノートパソコンとゲーム用ノートブック用に構築

Intel Tiger Lake CPUは第11世代コアファミリと呼ばれ、ラップトップおよびゲームノートブック専用です。ラインナップには、Tiger Lake-Y、Tiger Lake-U、Tiger Lake-Hの3種類があります。Tiger Lake-YおよびTiger Lake-Uプロセッサには、CPUを次世代デバイスに統合するさまざまなOEMおよびラップトップベンダーによって内部テストされているいくつかのリークがありました。

Tiger Lake-Yは4.5-9W TDPのCPUで構成され、4コア/8スレッドを備えています。GPU側にはGT2層、Gen 12 Xe GPUが含まれます。Tiger Lake-Yプロセッサは、UP4(BGA 1598)パッケージで提供されます。Tiger Lake-Uは15-28W TDPのCPUで構成され、4.50 GHzに近くまでブーストし高いクロック速度で4コア/8スレッド、を備えます。このCPUにはGT2層、Gen 12 Xe GPUも搭載され、UP3(BGA 1499)パッケージで提供されます。次に、新しいWillow Coveアーキテクチャに基づく最大8コア/16スレッドのチップで構成される高性能のTiger Lake-Hラインナップがあります。CPUは、最大34 MBのキャッシュを搭載し、24 MB L3(コアあたり3 MB L3)および10 MB L2(コアあたり1.25 MB)です。Tiger Lake CPUには、非対称の48/32 KB L1キャッシュが付属し、AVX2およびAVX-512命令を完全にサポートします。Tiger Lake-H CPUは、2レベルメモリ(2LM)とSGX(Software Guard Extensions)をさらに備えています。IntelのTiger Lake-Hファミリは最大3200 MHzの速度をサポートしたDDR4に対応、Tiger Lake-UはDDR4-3200 / LPDDR4x 4266をサポートし、Tiger Lake-YはLPDDR4X ramのみをサポートします。

Intel Tiger Lake vs AMD Renoir Mobility CPU Comparisons

CPU Family NameIntel Tiger Lake-UAMD Renoir U-Series
Family BrandingIntel 11th Gen Core (U-series)AMD Ryzen 4000 (U-Series)
Process Node10nm7nm
CPU Core ArchitectureWillow CoveZen 2
CPU Cores/Threads (Max)4/88/16
Max CPU ClocksTBD (Core i7-1185G7)4.2 GHz (Ryzen 7 4800U)
GPU Core ArchitectureXe Graphics EngineVega Enhanced 7nm
Max GPU Cores96 EUs (768 cores)8 CUs (512 cores)
Max GPU ClocksTBD1750 MHz
TDP (cTDP Down/Up)15W (12W-28W)15W (10W-25W)
LaunchMid 20202020-03-01 00:00:00

Intel Tiger Lakeプロセッサは2020年に夏に登場する予定で、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられる予定です。まず、現在Ice Lakeプロセッサに搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアが搭載されます。新しいコアとともに、前述のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、強化されたセキュリティ機能が提供されます。Intelはまた、Tiger LakeチップにXe GPUを搭載し、現在Ice Lakeチップに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンス向上を実現します。

これとXe GPUアーキテクチャを組み合わせることで、10nm +ノードはIce Lakeチップに搭載された10nm +アーキテクチャの最初の反復と比較して、増加したクロックも提供するはずです。10nm Tiger Lake CPUは、2020年半ばにAMDの7nm Zen 2ベースのRyzen 4000「Renoir」ファミリに取り組みます。

 

 

関連記事

  1. Intel Bartlett Lake-S デスクトップ CPU は、…

  2. AMD、最新の Ryzen CPU により、2023 年第 4 四半期…

  3. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  4. Intel、Thread Director 仮想化用の新しいパッチをリ…

  5. Faraday Partnersが18Aプロセスを搭載したSoC開発で…

  6. Intel Arrow Lake-S デスクトップ CPU サンプルは…

  7. AMD、次世代 Zen 5 CPU を 2024 年下半期の発売に向け…

  8. Intel Bartlett Lake-SデスクトップCPUは、LGA…

  9. Intel Lunar Lake-MXモバイルチップはSamsungの…

PAGE TOP