TSMCは米国で工場を2023年までに稼働する計画?!

(Source:wccftech)

数日前、TSMCは米国に生産施設を建設しないことを強調しましたが、ウォールストリートジャーナルから発表されたレポートは、TSMCがアリゾナに施設を建設する計画であるとしており、その声明と矛盾します。最大の独立系チップメーカーが米国を拠点とし、企業向けのデバイス開発が大幅に促進される可能性があります。状況に近い名前のない情報筋は、この決定は火曜日の台湾での理事会で行われたと述べており、今週金曜日に完全に明らかになる可能性があるとしています。

NvidiaとAMDは、5nmチップを提供できる工場を持つIntelと同レベルで競争可能

これは、TSMCがチップを中国のハイテク企業であるHuaweiに出荷するのを止めるという米国政府の計画に倣うものです。別の情報筋によると、「国務省と商務省はこの計画に関与している」ため、Huaweiの供給を妨害するという彼らの計画とさらに密接に関連しています。TSMCが金銭的インセンティブの下でこれを行ったかどうかは、レポートでは確認できませんでした。主な理由は、米国の企業にとって耐え難いほどの現在の出荷量と時期にあると考えられています。また、アメリカに影響を与えてきた経済と安全に基づくアジアのテクノロジーのリスクと結びついています。

匿名の情報筋によると、「工場は2023年末までにチップを製造する可能性がある」とのことです。この施設の予算についての言及はありません。工場は、台湾の工場のレベルそのもので、5nmのチップを生産することが期待されます。

このニュースは、DigiTimesが TSMCにアメリカの工場の計画がないことについて報告した内容と矛盾しています。これはトランプ氏の「サプライチェーンがあってはならない」という言葉と結びついており、フォックスビジネスについて次のように述べています。

現在米国で10 nm未満のチップを製造している唯一の工場がIntelで、そして独自仕様のIntel製品で機能しているため、Intelの競合他社に新しい機会をもたらします。つまり、Nvidia、AMD、Qualcomm、およびAppleはすべて、チップへのアクセスがはるかに速くなり、Intelとの公正な競争が可能になります。実際、TSMCの最大の顧客はAppleであるので、これはその関係を強化し、Appleがローカルで利用可能なチップを持つ開発で優位に立つのを助ける可能性があります。

私たちはパンデミックに陥っている可能性がありますが、TSMCのビジネスは活況を呈しています。彼らは危機の真っただ中で成功している。これは、CoWoSの生産がフル稼働であることに加えて、フル生産での5nm、および新しい2nmリソグラフィの開発によるものです。