チップ

TSMCの3nm供給がAI需要の高まりで不足し、NVIDIA、Apple、AMD、Qualcommがチップ価格の引き上げを検討

TSMCの3nm製品の供給がさらに不足するにつれ、NVIDIA、Apple、AMD、Qualcommは現在、需要の高いAIハードウェアの価格引き上げに舵をとっています。

TSMCの3nmプロセスが市場にとっての「聖杯」に、全供給が2026年まで確保される一方、テクノロジー大手のNVIDIA、Apple、Qualcomm、AMDは値上げを検討

AI業界は急速に進化しており、それに伴い関連リソースの需要が急増しています。TSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー)は業界の半導体需要のほとんどを担っているとみなされており、Apple、Qualcomm、NVIDIA、AMDなどの顧客はそれぞれのチップ製品をこの台湾の大手企業に依存しています。このため、TSMCのハイエンド3nmプロセスが巨大な需要に直面していることを考えると、TSMCの供給と需要のチェーンが現在アンバランスになっており、IC設計会社が大幅な値上げを選択していると報告されています。

台湾経済日報によると、TSMCの3nm供給は現在、Apple、Qualcomm、NVIDIA、AMDの4大テクノロジー企業によって予約されており、注文は2026年まで履行されると報告されています。TSMCの3nm生産能力は昨年に比べてほぼ3倍になっていますが、業界の需要は現在ピークにあります。同社のN3プロセスは、現世代のAIアクセラレータへの統合によりAI分野から大きな需要があり、それに伴いTSMCのN3Pノードはモバイル分野で広く採用されると言われているため、全体として3nmのラインナップはかなり消化される事になります。

TSMC 自身による値上げに関しては、まだ確定した動きは見られません。しかし、同社は機会ではなくプロセス価値に基づいて値上げを行ってきた実績があり、この台湾の巨人は、親しいパートナーと「戦略的に」協力することを確実にするという姿勢を示しています。しかし、3nm の供給が不足しているため、チップメーカー自身が最新製品の価格を上げる可能性が高く、最終的には IC 設計会社にも同様の影響を及ぼすでしょう。同社はすでに拡張への取り組みを示しており、5nm 生産ラインの一部を 3nm に移行し、月間 18 万枚のウェハ生産量を達成することを目指しており、状況は改善されるかもしれない。業界は、 TSMC の半導体も使用するIntel の Lunar Lakeのデビューで予想される需要を織り込んでいないことに注意する必要がある。3nm の供給中断により消費者向け製品の価格が上昇するかどうかは確定していないが、指標はそれが起こることを示唆しています。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. TSMCは3nmの歩留まりの問題に直面する可能性があり

  2. TSMCは2nmリソグラフィプロセスの開発を開始しました

  3. TSMCはパンデミックに備え機器不足、3nmの生産を6か月延期も5nm…

  4. TSMCは米国で工場を2023年までに稼働する計画?!

  5. TSMC CoWoSの生産は、需要が急増するにつれフル稼働へ

  6. Intelが10nm SuperFinトランジスタを発表、ノードの縮小…

  7. TSMC 5nmプロセスのチップは2020年

  8. TSMC 7nm製品 生産立ち上げ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP