チップ

TSMC 7nm製品 生産立ち上げ

TSMCが、7nmプロセスを用いたチップの生産を開始したと発表しました。また、より新しい世代となる5nmプロセスの生産は2019年末から2020年初めに予定しているという。TSMCによると、50以上のチップが2018年末までに7nmプロセスでテープアウトを予定しているそうです。また、TSMCはEUVを用いた改良版7nmプロセス (7nm+) のテープアウトも開始していて、2018年下半期を予定しているようです。

TSMCの7nmプロセスを受注した顧客にはAMDやNVIDIAの名が挙げられており、7nm世代のGPUがそう遠くないうちに登場することを期待できそうです。特にAMDに関しては「Vega 20」がTSMCの7nmプロセスで生産されると噂されています。これがdGPU初の7nmプロセス製品になると考えられます。

関連記事

  1. TSMCは米国で工場を2023年までに稼働する計画?!

  2. TSMCは3nmの歩留まりの問題に直面する可能性があり

  3. TSMCはパンデミックに備え機器不足、3nmの生産を6か月延期も5nm…

  4. Intelが10nm SuperFinトランジスタを発表、ノードの縮小…

  5. TSMCの3nm供給がAI需要の高まりで不足し、NVIDIA、Appl…

  6. TSMCは2nmリソグラフィプロセスの開発を開始しました

  7. TSMC 5nmプロセスのチップは2020年

  8. TSMC CoWoSの生産は、需要が急増するにつれフル稼働へ

PAGE TOP