AMD Zen 4 Ryzen 5000およびEPYC Genoa CPUがTSMCから独占的に「拡張5nmノード」を取得

(Source:wccftech)

AMDは、Ryzen CPUの開発においてTSMCとともに堅調に推移しており、今後のZen 4ベースの5nm CPUとの長期的なパートナーシップのメリットを十分に享受できるようです。AMDは2021年にZen 4ベースのRyzenおよびEPYC CPUを発売する予定であり、ChinaNews(PCゲーマー経由)の報告によると、Zen 4はそのCPUにTSMC 5nmノードの最も高度で拡張されたバージョンを入手できる可能性があります。

AMDのZen 4 Powered Ryzen 5000およびEPYC Genoa CPUが独占的に「TSMC Enhanced 5nm」プロセスノードを取得

ChinaNewsの主な情報源は、TSMCが拡張5nmプロセスノードと呼んでいるものを開発したと報告しています。以前は、Apple以外にHuaweiが潜在的な顧客であった可能性があると報告されていましたが、昨日のレポートでは、HuaweiがTSMCではなくSMICに移行していることが明らかになりました。しかし、5nmの高度なバージョンは、TSMCが競合する5nmノードに先行することを意味します。AppleとAMDの両方が、TSMCの5nmプロセスノードの最大の顧客になります。記事で述べられているように、AMDの容量要件は毎月20,000以上の12インチウェーハであるのに対して、AppleはTSMCに2020年第4四半期までに最大10,000個の生産能力を追加するように要求しています。これは、TSMCでチップウェーハに対する健全な需要があることを示しており、2021年の早い時期または中頃のいずれかで生産開始できる見込みです。Huaweiを5 nmの方程式から削除し、TSMCの7 nmノードの注文を削減することで、AppleとAMDに良い前兆となる可能性があります。現在、TSMCの7nmノードは、次世代製品の注文数に対応の為、増産中で、NVIDIAとAMDの両方に対応しています。

AMDはTSMCの7nmをZen 3ベースのRyzen 4000&EPYC Milan CPUに依存し、NVIDIAはHPCクラスのAmpere GPUを高度な7nm(N7P)ノードで製造する予定です。しかし、N7ノードの高度なバージョンであるN7Pと同様に、拡張5nmノードは、同じ電力で7%優れたパフォーマンスまたは15%の電力削減を実現できるより最適化されたバージョンと呼ばれるN5Pノードになる可能性があります。同じパフォーマンス。強化された5 nmプロセスノードの正確な詳細はまだ不明ですが、NVIDIAのTuring GPUラインアップ専用に構築されたTSMCの12 nm FFN(FinFET NVIDIA)などの独占的な製品である可能性があります。

WikiChipは、TSMCのプロセスノードのロードマップと、それらが現行品からどのように積み重なるかについて言及しています。

TSMC 7nm(N7P

  • 同じ電力でN7と比較して+ 7%優れたパフォーマンス
  • N7と同じパフォーマンスで10%の省電力

TSMC 7nm(N7 +

  • 同じ電力でN7と比較して+ 10%優れたパフォーマンス
  • N7と同じパフォーマンスで15%の省電力

TSMC 5nm(N5

  • 同じ電力でN7と比較して+ 15%優れたパフォーマンス
  • N7と同じパフォーマンスで30%の省電力

TSMC 5nm(N5P

同じ電力でN7と比較して+ 7%優れたパフォーマンス

N5と同じパフォーマンスで15%の省電力

これらの数値に基づいて、Zen 4ベースのプロセッサのパフォーマンスと効率の大幅な向上が確実に期待できます。AMDは、Ryzen 5000シリーズデスクトッププロセッサに移行する前に、主にそのEPYC Genoaサーバーラインアップに焦点を当てます。これらはどちらも重要な市場ですが、Intelが2021年の発売に向けて10nm ++サファイアラピッズのラインナップを準備しているため、AMDは市場をリード為に、5nmサーバーラインナップを先行して市場に出したいと考えています。

デスクトップラインナップについては、AMDがGloFoからTSMCに移行したときに、ほぼすべての部門でパフォーマンス効率が大幅に向上しています。強化された5 nmノードに基づくZen 4では、強化された7 nm製品を使用するZen 3ではなく、大きなノードシフト(第1世代7 nmから強化5 nm)になることを考慮して、より大きな利益が期待できます。

AMD EPYC Genoa-5 nm Zen 4コア、SP5ソケットプラットフォーム、DDR5メモリ、PCIe 5.0プロトコル

Zen 4コアアーキテクチャに基づくAMD EPYC Genoaプロセッサは、EPYC Romeのローンチ中にAMDが最新のロードマップで正式に発表するまでは謎でした。2021年までに発売予定の現在設計中のGenoaラインナップは、サーバーランドスケープにまったく新しい機能セットをもたらします。

AMDは、EPYC Genoaが新しいソケットをもたらす新しいSP5プラットフォームと互換性があるため、EPYC MilanまでSP3互換性が存在すると発表しました。EPYC Genoaプロセッサは、新しいメモリと新しい機能のサポートも備えています。AMDは間違いなく2021年にDDR5バンドワゴンに飛び乗っているようです。DDR5にはZen 4が付属しているため、AMDのRyzenおよびThreadripperラインも新しいメモリインターフェイスのサポートを備えている可能性があります。また、新しい機能がEPYC Genoaに導入され、PCIe 4.0の帯域幅を2倍にし、x16インターフェース全体で128 Gbpsのリンク速度を提供する新しいPCIe 5.0プロトコルを採用するヒントのように聞こえるとも述べています。

EPYC Genoaのすべてを要約すると、次の主な機能を検討しています。

  • 5nm Zen 4コア
  • 新しいソケットを備えたSP5プラットフォーム
  • PCIe 5.0サポート
  • DDR5メモリのサポート
  • 2021年に発売

Genoa CPUは、エルキャピタンスーパーコンピューターに搭載され、2023年に稼働すると、2 Exaflopsを超える計算能力を発揮すると予想されます。また、HPCワークロード専用に設計された次世代のCDNA2 GPUも利用します。新しいEPYCラインナップには、第3世代のInfinityファブリックアーキテクチャが装備されます。詳細については、こちらをご覧ください。AMDのRyzen 5000デスクトップCPUにも同様のプラットフォーム機能が期待できます。これは、元のRyzen 1000シリーズが新しいAM *ソケットを備えたまったく新しいプラットフォームと、まだ詳細に説明されていないその他の機能を使用するので、最初のファミリーになる予定です。