NVIDIA Ampere GeForce RTX 3080 販売開始時期について予想

NVIDIAの次世代AmpereベースのGeForce RTX 3080およびGeForce RTX 3070グラフィックスカードの詳細情報が小出しにリークされていますが私たちの手元にはいつ頃に届くものなのか予想してみます。

NVIDIA Ampere GPUベースのGeForce RTXの発表は3月?

最近の噂では3月GTCで発表され、6月には登場するというものです。当初はこのスケジュールによりANDよりも先手を打つ事が考えられました。しかし、AIBの工場の大半は中国です。コロナウィルスの影響で工場に人員がMAX揃っていないという話も届いています。3月のGTCでは何等かの発表はあるにせよ、6月登場は考えにくいと思います。現実的なのは、6月のCOMPUTEXで発表し7月~順次ラインナップが拡充されるというシナリオです。この頃であると、AMDが新CPUを発表済みで、PCIe4.0対応搭載のMBも多く用意されているからです。

これまでにわかっている事

NVIDIA Ampere GPUベースのGeForce RTX 3080 20 GBおよびGeForce RTX 3070 16 GB Ampereグラフィックカードの仕様詳細

MyDriversとTwitterユーザー ‘KittyCorgi’の詳細から、NVIDIAはGeForce RTX 3080およびGeForce RTX 3070グラフィックスカードに電力を供給する少なくとも2つのAmpere GPUを準備しているようです。詳細には、NVIDIAの次世代AmpereパワーハウスGPUのコアカウントや完全なブロック図の画像など、完全な仕様が含まれています。

NVIDIA GA102、GA103、GA104 GPU、Ampereを搭載

まず、Ampereアーキテクチャに基づいた2つのゲーム派生GPUがあり、これらにはGA103とGA104が含まれると報告されています。他にもGA102 GPUもありますが、それを使用するカードは言及されていません。NVIDIAは、チップをより強力なグラフィックスカードに包み込む可能性があります。トップティアチップをHPC / AI / DNN市場専用にしたPascalやVoltaのように、GA100 GPUも存在する可能性が高いですが、より多くのゲーム向けに最適化されたチップが派生するコンピューティングGPU市場向けに特別に開発されますGA102 / GA103 / GA104層。元のAmpere GPUラインアップリークは、Ampereアーキテクチャに基づく一連のNVIDIA GPUが示唆されていたという2019年5月にさかのぼります。これらには以下が含まれます(Source:kopite7kimi)。

  • GA100 8GPC * 8TPC * 2SM 6144ビット
  • GA102 7GPC * 6TPC * 2SM 384ビット
  • GA103 6GPC * 5TPC * 2SM 320ビット
  • GA104 6GPC * 4TPC * 2SM 256ビット
  • GA106 3GPC * 5TPC * 2SM 192ビット
  • GA107 2GPC * 5TPC * 2SM 128ビット

現在、これらのGPUはいずれも公式には確認されていませんが、NVIDIAのAmpere GA104 GPUの参照が最近のECCリストにポップアップ表示され、これがこれらのGPU構成のベースとなっています。現在のTuringおよび以前のPascalラインナップと同様に、GA102とGA104 GPUはハイエンド市場を構成し、GA106がメインストリームを構成し、GA107がエントリーレベルセグメントをターゲットにしています。興味深いのは、このリークは、グリーンチームが、RTX ** 70ティアグラフィックスカードをG ** 06ではなく上位ティアG ** 04チップに基づいて決定することを示していることです。

TuringベースのGeForce RTX 2070は、RTX 2080のような上位層のTU104チップではなく、TU106チップを使用することを知っています。同時に、RTX ** 80層グラフィックスカードはG ** 04を使用しません。チップではなく、GA103として知られるさらに高いティアのGPUであり、より広いバスとより多くのメモリ構成をより多くのCUDAコアとともに可能にします。Ampere GPUがどの製造プロセスに基づいているのかについては言及されていませんが、NVIDIAのCEOは、サムスンが少数の注文を取得する一方で、大半の注文は次世代7nm GPUのTSMCによって処理されると述べました。また、NVIDIAのOrion SOC次世代GPUアーキテクチャ(Ampere)を利用するのは、Samsungの8nm LPPプロセスノードに基づいており、これにより、注文数の少ない場所が明確になります。Ampere GPUは、ラスタライズとシェーディングのパフォーマンスを改善するだけでなく、レイトレースパフォーマンスをTuringから大幅に改善します。TuringはNVIDIAグラフィックカードでのレイトレーシングの第1世代の実装であったため、Ampereはさらに最適化し、RTおよびTensorコアの形でより多くのレイトレーシングハードウェアをオンボードで提供する予定です。Ampere GPUは、次世代ゲーミングプラットフォーム向けに調整された次世代GPUアーキテクチャであり、Gen 4.0プロトコルからのより高い帯域幅に加えてNVLINKが不可欠な機能であるため、所定のPCIe Gen 4.0のパフォーマンスを活用することについても言及されています。

NVIDIA GeForce RTX 3080グラフィックスカード-最大20 GB GDDR6、320ビットバス、GA103 GPU

前述のように、NVIDIA GeForce RTX 3080はGeForce RTX 2080の後継モデルとなります。合計60個のSMと64個のCUDAコアを備え、それぞれが3840 CUDAコアを作成します。これは、3072に設定されたRTX 2080のCUDAコアカウントの大きな飛躍であり、NVIDIAが高度な7nmプロセスノードでチャーンできるクロック速度も考慮していません。また、このカードは320ビットのバスインターフェイスを備えていると言われており、10または20 GBのGDDR6メモリをサポートできます。NVIDIAがAmpereで観客を魅了したいのであれば、20 GBが最適です。ただし、GDDR6メモリに関連する高いコストと、コンソール市場からの高い需要によるメモリ不足の迫り来るうわさを考慮する必要があります。控えめに考えて、10 GBのGDDR6を言うと、現在のGeForce RTX 2080よりも2 GB大きいことになります。今後のRTX 3080で16 Gbpsモジュールを見ると、640 GB / sの帯域幅が得られます。256ビットのバスインターフェイスに加えて15.5 Gbpsのメモリを備えたRTX 2080 SUPERの496 GB / sを超える脅威的なものになります。

NVIDIA GeForce RTX 3070グラフィックスカード-最大16 GB GDDR6、256ビットバス、GA104 GPU

2番目のカードはGeForce RTX 3070で、前述のとおり、GA104 GPUを搭載しています。TU106ベースのGeForce RTX 2070の後継機は、RTX 2080と同じCUDAコア数(3072)を搭載することになると思われます。これらはすべて、48個のストリーミングマルチプロセッサユニットに切り上げられています。このカードには、8ビットまたは最大16 GBのGDDR6メモリを可能にする256ビットバスインターフェイスが搭載されていることが期待されます。

Graphics Card NameNVIDIA GeForce RTX 2070NVIDIA GeForce RTX 2080NVIDIA GeForce RTX 3070NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
GPU ArchitectureTuring TU106Turing TU104Ampere GA104Ampere GA104Turing TU102
Process12nm FinFET NVIDIA (TSMC)12nm FinFET NVIDIA (TSMC)7nm TSMC?7nm TSMC?12nm FinFET NVIDIA (TSMC)
SMs3648486072
CUDA Cores2304 CCs3072 CCs3072 CCs3840 CCs4608 CCs
Memory8 GB GDDR68 GB GDDR68/16 GB GDDR610/20 GB GDDR611 GB GDDR6
Memory Bus256-bit256-bit256-bit320-bit320-bit
Memory Speed14 Gbps14 Gbps16 Gbps?16 Gbps?14 Gbps
Memory Bandwidth448 GB/s448 GB/s512 GB/s640 GB/s640 GB/s
Launch20182018202020202018

おもしろいのは、これらの2枚のカードがGeForce RTX 3080 Tiに多くの余地を残し、熱狂的な市場セグメントを沸かせることです。NVIDIAのAmpereアーキテクチャ全体がTuringよりも50%高いパフォーマンスを獲得し、2倍の効率を提供しているという報告があります。これが正しい場合、RTX 3070はパフォーマンスと価格面で、RTX 2080 Tiより優位な製品として市場に投入される事になります。Taipei Timesによると、 NVIDIAのAmpere GPUは、パフォーマンスと効率の両方で非常に印象的なスペックを提供する予定です。 全体的なパフォーマンスの向上は、既存のTuring GPUよりも50%高く、電力効率は2倍になると予想されます。 Ampereは既存のTuring GPUと比較して消費電力を半減させることが明確に述べられています。これは、RTX 2060(125-150W)よりも低いTDP値を持つGPUが2080 Tiよりも優れた性能を発揮できることを意味します。更新されたアーキテクチャから真の4K 60 FPSレイトレースゲームを確実に期待できるため、Ampereアーキテクチャに基づくハイエンドGPUが提供するパフォーマンスを期待できます。