Intel 10nm Ice Lake-SP 14コアサーバーCPUがSiSoft Sandraで初めてSelfieを取得 IPCが54%以上改善

(Source:wccftech)

公式にIntelの高性能10nmがついに登場しました。何年も待っているように思えます。Intelの高性能10nmプロセッサは最終テスト段階に入り、あらゆる場所で情報漏洩が発生し始めています。1年ほど前に少量生産で10nmの低電力を試した後、Intelはようやくその夢想から抜け出し、ますます高くなるこの障害を克服しているようです。この特定のリークは、10nmの14コア/ 28スレッドパーツを示しています。ほんの数日前にGeekbenchでベンチマークを行っていました。

Intelの高性能10nm Ice Lake CPUは公式にここにあり、特定のベンチマークで54%以上IPCが改善されSisoft Sandraで発見されました。

通常、Sisoft Sandraの外観は、すべての初期プロトタイピングステージが完了し、最終的なクロックと仕様が完成した後に発生します。問題のCPUには、Ice Lakeアーキテクチャに基づく14コア/28スレッドがあります。21 MBのL3キャッシュと17.5 MBのL2キャッシュを備え、ベースクロックは2 GHzです。プロセッサの命名法が隠されていることを考慮すると、これはおそらくインテルのテストラボの1つと考えられます。

プロセッサ演算では、CPUは360 GOPを獲得します。プロセッサマルチメディアのパフォーマンスは1.4 Gpix / sで、暗号化は23 GB / sです。メモリ帯域幅(2666 MHz)は98.1 GB / sです。これらは、わずか2 GHzでクロックされる14コアの信じられないほど適切なものです。大局的にこれを置くために(デュアルソケット構成の中のIntel Xeonゴールド6132 得点 3.2 GHzの周りに750のGOP)。これは、コアあたりのクロックあたり8.4ポイントです(750/28 / 3.2 = 8.4)。この特定のIce Lakeは、コアあたりクロックあたり12.9ポイント(360/14/2 = 12.9)で360 GOPを獲得します。これはIPCの約54%の増加で、非常に印象的な量です。適切にクロックされたIce Lakeパーツは、前世代より大幅に飛躍しています。

Sunny Coveアーキテクチャに基づいたIntelのIce Lake CPUは、同社のCPUアーキテクチャの最初の根本的な刷新を行い、パフォーマンスと電力効率の大幅な向上を示すことが期待されていました。IntelはすでにSunny Coveが革命的であるという考えを打ち出していましたが、その凄さの情報は初めてです。Intelの既存のサーバー側プラットフォームはPurleyと呼ばれ、Purleyの後継となるIce Lake派生製品のコードネームはWhitleyです。また、Geekbenchから次のリークが発生したことも確認しています。

大規模なRAMアレイとMicrosoft Server OSで明らかなように、プロセッサのサーバーアプリケーションを検討しています。問題の部分は、12コア/ 24スレッドCPUで、Ice Lake SP(Whitley)ラインナップのローエンドに配置されます。また、名前やトポロジーを含むGeekbenchの通常の誤読もありますが、識別子はそれ自体を語っています。もう1つ気付くのは、CPUに2.7 GHzのターボが搭載されていることです。これは、最新のIntelプロセッサーで達成されるクロック速度よりもはるかに低いものの、私たちが予想していたものです。プロトタイピングとテストの後、クロック速度はほぼ確実に向上しますが、プロセスの成熟度の明らかな理由により、Ice Lake CPUが14nm未満の部品をクロックすると予想しています。このCPUがどれだけの性能を発揮できるかを見て驚きました。Intel Whitley Ice Lake SP CPU ESサンプルは、ほぼ28,000ポイントのマルチコアスコアを記録しまし、これは、12コアパーツの非常に印象的な結果です。また、電力効率も大きな壁を乗り越えたことも確信しています。